【2020年最新】マッチングアプリキャンペーン情報!!

マッチングアプリでトラブルってあるの?!安心して出会える方法を大公開

悩み
マッチングアプリでトラブルに遭わないか不安だな…
どのマッチングアプリが安全で安心して使えるんだろう?

SNSでのトラブルがニュースになったりと、何かと物騒な世の中。

マッチングアプリを使うにあたっても、トラブルにあったりしないか不安ですよね。

特に恋愛直線になりやすい方は、相手が安全かを冷静に見極めることも時には必要。

この記事では安全に出会う方法や、安心して使用できるマッチングアプリをご紹介します。

ざっくりまとめると…

  • マッチングアプリではプロフィール詐欺が多い
  • 信頼できるまでは警戒するくらいでちょうど良い
  • マッチングアプリ選びが重要。ポイントは本人確認とセキュリティ体制
  • トラブルなしに出会えるおすすめのマッチングアプリNo.1は「ペアーズ
  • Tinder(ティンダー)や出会い系には本人確認がないのでやめよう

大人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ

人気アプリ「ペアーズ(Pairs)」の推しポイント

ペアーズのHPからの登録画面

→ペアーズ(Pairs)とは?口コミや評判から分かるペアーズの全て

\国内会員数最多の1,000万人超え/

マッチングアプリで起こりうるトラブル

会員数が増えて人気になればなるほど心ない人間も増えるもの。

実際にマッチングアプリではどんなトラブルが報告されているのでしょうか。

Twitterをのぞいてみると次のような声が。

真剣に恋活・婚活をしている人にとって酷い内容ばかり。

マッチングアプリで起こりがちな4つのトラブルをまとめて解説します。

プロフィールがウソだった

マッチングアプリで異性に興味をもってもらうためにプロフィールは重要。

とはいえ、いくら自分を良く見せたくても、嘘の内容を書いてはいけません。

倫理観という意味はもちろんですが、嘘の内容で出会ってもお互い幸せになれませんよね。

具体的にどんな嘘をつく人が多いのか、マッチングアプリのトラブルとしてありがちな内容をご紹介します。

写真を偽っていた

プロフィールの写真を偽ることで、異性に簡単に近づこうとする人がいます。

無名モデルさんの写真を使ったりと、イケメン・美女の写真で偽ることが多いです。

会うことに成功したらビジネスの話に持ち込んだり、いかがわしい話を提案してくるケースも数多く報告があります。

また犯罪ではありませんが、写真加工アプリでかなり盛っている人も少なくない様子。

コンプレックスを隠そうとする気持ちは分からなくもないですが、会った時に写真のイメージとかけ離れていたら誰でも騙された気分ですよね。

写真に違和感がないか、メイン画像とサブ画像に違いはないかなど、チェックはしておきましょう。

対策
美女・イケメン写真には少し警戒を。プロフィールに怪しいところがないかチェック。

職業や年収を偽っていた

男性なら医者や弁護士、女性なら看護師や美容部員など人気職業に偽っている人は少なからず存在します。

また職業を偽ると実際に会った時に話が噛み合わないため、年収だけ偽るということも。

特に女性は男性の年収を少なくとも気にしますよね?

それをわかった上で、年収のサバ読みをする男性は正直めちゃめちゃ多いです。

なぜなら結婚相談所では年収証明が必要ですが、マッチングアプリでは年収証明が不要なため言ったもの勝ちなのです。

男性の大半は年収2割増しにしていると思って、ちょうどいいかもしれませんね。

対策
仕事の話をふってみる。年代別の平均年収を超えている場合は、鵜呑みにしない。

結婚歴を偽っていた

プロフィールには独身と書いて会ったにも関わらず、会った後に「実は結婚してて…」というふざけた話し。
実は不倫ブームの煽りなのか、マッチングアプリで既婚者が急増しています。

結婚相談所であればこのあたりも証明しなくてはいけないのですが、証明書の提出が不要なマッチングアプリを良いことに遊ぼうと考えている既婚者は少なくないです。

もちろんマッチングアプリでも既婚者は規約違反扱いになるアプリがほとんど。

万が一既婚者と出会った時には、運営会社に通告して退会処分にしてもらいましょう。

対策
結婚観の話しをふってみる。いい歳にも関わらず誤魔化すようなら疑ってみる。

年齢を偽っていた

年齢承認のないアプリを利用している場合は、年齢をサバ読む人が多いです。

これに関しては男性も女性もどちらもいるようですが、後々のトラブルになるためやめましょう。

せっかく出会った人が素敵な人だった場合、結局どこかで嘘を告白する必要があるので得策ではありません。

おかしいなと疑わしく思った場合は、占いの話しなどから生年月日を聞いてみることをおすすめします。

対策
会う前の対策が困難。年齢認証があるマッチングアプリの使用をおすすめ。

ネットワークビジネスや副業の勧誘

いまだに多いのがネットワークなどのビジネスや副業の勧誘です。
特に現代は副業市場が盛り上がりを見せる真っ只中。

出会い目的で異性に近づき、副業の話に持ち込むパターンも良くあります。

これは男性から女性に限ったことばかりではなく、逆も然り。

美容関係の仕事をしていると聞いていた美人OLと会ったら、化粧品ビジネスの勧誘をされるということも。

この手の人たちはプロフィールに「自由」や「お金」というキーワードを入れていることも多いので、ひとつの参考にしてみてください。

対策
自由な生活をしている。副業でいくら稼いだといったキーワードが出たら警戒する。

体目的だった

マッチングアプリを利用していて多いのが「体目的だった」というケース。

とはいえ、女性慣れした男性はあからさまに「ホテル行かない?」なんて言ってくることはありません。

最初は誠実な男性のふりをしながら近づき、会ってから徐々に近づいてくることが多いです。

そんなダメな相手に引っかからないようにするには、「真剣な恋愛」「結婚願望あり」をプロフイールでしっかりとアピールすることが大切。

あとは「飲みに行くのが好きです」といった軽めのコメントもNGです。

この手の男性は、そう言った隙を見つけて近づいてくるので、プロフィール内容にはくれぐれも注意を。

対策
真剣な恋愛・結婚願望をアピール。男性の文章にも軽そうな部分がないかをチェック。

お金を騙し取られる

いわゆる結婚詐欺にも警戒しておいたほうが良いでしょう。

詐欺師は詐欺師に見えないと言うほど、彼らも誠実な雰囲気を装ってあなたに近づいてきます。

また、結婚詐欺は男性だけでなく、女性の詐欺師もいるので注意が必要。

親しくなる過程である時に「お金がどうしても必要だから貸して欲しい」などと迫って来ても、絶対に貸してはいけません。

自分の身の丈にあっていない異性がトントン拍子に近づいてきた時は、疑ってかかってちょうどいいです。

対策
どんなに相手が誠実に見えたとしても、絶対にお金を貸さない。

マッチングアプリでトラブルを回避する方法

このようにマッチングアプリではたくさんのトラブルがあります。

とはいえ、マッチングアプリやSNSでの出会いがおすすめできないかといえば、そうではありません。

むしろSNSやネットが身近になった今、切り離して生活することはできないですし、うまく活用していくことがおすすめです。

ではここから、マッチングアプリでトラブルに合わないための方法とルールをお伝えしていきます。

軽い誘いにすぐのらない

マッチングアプリはネット上の出会がゆえに、手軽に出会えることがメリットです。

一方で相手のことをほとんど知らないまま、簡単に会ってしまうことでトラブルに繋がることがあります。

例えば、4.5回のメッセージのやりとりで「ゴハンいきましょう!」と言われた場合、あなたは会いますか?

あなたが軽い出会いを求めているのであれば構いませんが、そうでなければ早期に会うことにメリットはありません

なぜなら、軽い男性からは「カモが引っかかった」と思われ、誠実な男性からは「軽くて恋愛対象外」としか思われないからです。

もちろん、焦らしすぎも良くないですが目安は最低2日間のやりとり

多くの軽い男性は、マッチングしたその日のうちにゴハンOKもらいたい! もしくはLINE交換したい! と思っています。

そんな時はあえて「もう少しやりとりしてからかな?」と一旦は断りましょう。

それで去る人は、そういう人だったということです。

もう1つだけコツをいうなら、プロフィールの「出会うまでの希望」などの項目を「きちんとメッセージを重ねてから」にすること。

そうすることで、軽い男性への牽制にもなるのです。

最初は昼間に会うようにする

多くの人は夜の食事に誘ってくるでしょうが、これに乗ってはいけません。

なぜなら、夜の食事でお酒も入ればあなたにも隙が出やすくなるためです。

変わった場所に連れて行かれた時に、危険が高まるということだってあります。

そこで、初対面の相手とは必ず昼間に会うようにしましょう。

昼間は仕事があるからなどと、色々言い訳されるでしょうが、それでも昼間です。

多少先延ばしになったとしても都合を合わせて昼間にあってくれる、これが誠実な男性です。

サクっとランチやカフェで顔合わせ程度に会うほうが、爽やかで気持ちよくないですか?

もしお互いに好みの相手じゃなかった場合には、かけるコストも安くてすみます

最悪なのは、男性の予約で高めのお店に連れて行かれたにも関わらず、割り勘の場合。

こういったリスクを踏まえても、昼間に会うことをおすすめします。

結婚観を確認する

マッチングアプリには既婚者が潜り込んでいるパターンが増えています。

単身などで家族と離れて暮らしていて、バレないようにやっている場合がほとんでです。

相手も相手で最悪なのですが、引っかからないように自分を守ることが先決です。

そのために効果的な方法は、結婚観を確認するということ。

特に30代以上の男性には、「◯◯さんって本当に結婚していないんですか?」とストレートに言ったほうが効果的です。

普通に「結婚とか考えていないんですか?」と言っても、「いずれはしたいと思っているよ」とかわされるだけ。

ストレートに言うことで、疑われているなという心理が働き、既婚者の場合は去っていくでしょう。

また、会ってからは指輪の痕を必ず確認しましょう。

普段から外している人は別ですが、当日外すなどのずるいことをしている人には、必ず痕が残ります。

もしくは夏場ならうっすらと日焼けの痕として残っているので、見逃さないようにしてください。

仕事について詳しく聞く

一般的に人は自分の仕事を話すことが好きです。

それはステータスの高い職業、例えば医者や弁護士、上場企業社員になればなるほどそうです。

ところが、それについてあまり話をしないということは、何か後ろめたいことがあるからかもしれません。

特に会社員で自分の会社名を明かさない場合、かなり怪しいと考えていいでしょう。

実は結婚をしている場合や、何かあなたを騙そうとしている可能性が高いです。

ちなみに結婚相談所では会社名を公開するぐらい厳格にすることで、信頼性を高めています。

その信頼の証とも言える会社名を言えないということは、黒にかなり近いかもしれません。

どんなお仕事なんですか?と詳しく聞きながら、途中で「なんていう会社なんですか?」と聞くことをおすすめします。

トラブルを避けられるマッチングアプリの選び方

ここまでの内容でマッチングアプリでトラブルを避ける方法を知って頂けたかと思います。

ところが、根本的な部分として安全性の高いマッチングアプリを利用することが何より重要です。

安全性なマッチングアプリ選ぶポイントは次の通りです。

・本人確認制度がある
・セキュリティ体制が整っている
・会員数が多い

では具体的に説明をしていきましょう。

人確認制度(年齢確認・本人確認)がある

そもそも本人確認と年齢確認は違うのか?という疑問がある方もいるかと思います。

結論、本人確認と年齢確認は異なります。

年齢確認とは身分証明証で18歳未満かどうかの確認をとることです。

これによって18歳未満の方が利用できないようにすることが目的です。

対して、本人確認とは登録内容と本人が一致しているかという確認になります。

これにより主には、年齢詐称などができなくなり、また業者などのビジネス目的の利用者を排除することができます。

優良マッチングアプリには、この本人確認制度がある場合がほとんどです。

セキュリティ体制が整っている

優良なアプリでは、このセキュリティ体制がかなり整っています。

例えば、アプリ内で本人が不快に思う発言などがあれば、すぐに通報することができます。

そして通報した相手には、マッチングアプリの運営本部からすぐに調査が入るのです。

この調査中にその人が他に被害を加えられないよう、一時的に利用が制限されたり、周りに注意警告するマークがつくアプリもあります。

こういったセキュリティ体制が24時間しかれているアプリを利用することで、下品な人やビジネス目的の人と出会う確率はグッと下がります

また、アプリ使用の同意事項に「既婚者出ない」ことに同意させるアプリも多いです。

この場合、既婚者が潜り込むことへの牽制にもなっているので、このようなマッチングアプリを使うことをおすすめします。

会員数

やはり多くの人が利用していることは、安心感に繋がので会員数が少ないよりも多いほうが良いです。

ただし、それは優良アプリであることが大前提です。

なぜかというと、セキュリティが弱いアプリは「事業者」などの会員登録も会員数にカウントしています。

そのため、優良アプリに匹敵するぐらいの会員数を公開しているので惑わされてしまうのです。

大切なのは、恋愛目的のアクティブユーザーがどれくらいいるかということ。

会員数の多さだけでマッチングアプリを選ぶのではなく、正しい情報を得ることが大切なのです。

マッチングアプリの会員数については以下の記事も参考になります。

【最新版】人気マッチングアプリの会員数ランキングTOP5!出会えるアプリはこれだ!【最新版】人気マッチングアプリの会員数ランキングTOP5!出会えるアプリはこれだ!

トラブルに合わない?安全性の高いおすすめマッチングアプリ3選

ここまでお伝えしたしてきた、安全なマッチングアプリ選びのポイント。

数多くあるマッチングアプリの中から自分で探すのは手間もかかります。

ここからは安全性が高くて会員数も多い、おすすめのマッチングアプリをご紹介していきます。

①ペアーズ

大人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ

\国内会員数最多の1,000万人超え/

ペアーズの会員数は国内最大級で1,000万人以上。

マッチングアプリの中では会員数最大級で、細かいところまでセキュリティが整っていることが特徴です。

年齢層は他のマッチングアプリよりも少し高めなので、真剣な出会いを求めているが多いよう。

安全性
本人確認あり
セキュリティ体制:★★★★★
会員数:★★★★★

②with

人気マッチングアプリ「with(ウィズ)」の公式サイトキャプチャ

\"本当に合う相手"を心理学で探せる/

withはメンタリストDaiGoとのコラボレーションが話題のマッチングアプリ。

性格・ファッション・顔などの相性から、あなたにピッタリな相手を選んでくれます。

斬新な企画内容で話題性もあるが、会員数自体は多くないアプリです。

安全性
本人確認あり
セキュリティ体制:★★★☆☆
会員数:★★☆☆☆

③タップル誕生

タップル誕生のHP


\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

タップル誕生はAbemaTVの運営会社である「サイバーエージェントグループ」が運営するマッチングアプリです。

独自の広告戦略によって20代男女に人気が高く、20代の5人に1人がタップル誕生を利用しているというデータもあります。

一番の特徴は「婚活」より「恋活」向けのマッチングアプリであることで、少しカジュアルな恋愛を楽しみたい20代〜30代には、ピッタリのマッチングアプリです。

安全性
本人確認あり
セキュリティ体制:★★★★☆
会員数:★★★☆☆

他にもおすすめのマッチングアプリを知りたいという方は以下の記事を参考にしましょう。

おすすめのマッチングアプリランキング17選おすすめのマッチングアプリランキング17選!人気アプリを徹底比較して紹介

トラブルを避けたい方にはおすすめしないマッチングアプリ

逆にセキュリティの観点からどうしてもおすすめしづらいマッチングアプリもあります。

次の二つは利用しないようにしましょう。

Tinder(ティンダー)

会員数やカジュアルさにおいては評価できるティンダーですが、このアプリには本人確認がありません

誰でもいいから気軽な出会いを求めている方にはいいかもしれませんが、真剣な出会いを求めている方はやめておきましょう。

出会い系

出会い系とマッチングアプリの境目はどこなのかと聞かれると、セキュリティ面だと思います。
セキュリティが整っているから安心して婚活目的で利用ができ、セキュリティができないとモラルが下がり、カジュアルになります

婚活などの真剣な出会いも求めているあなたは、出会い系と呼ばれるサイトやアプリの利用はやめておきましょう。

【まとめ】マッチングアアプリでトラブルをに合わない方法

いかがでしたでしょうか?

マッチングアプリでトラブルに合わないために必要なことをご紹介してきました。

モラルが下がりガチなWEB上での出会いだけに、ある程度警戒しながら「おかため」に利用することも大切です。

そして1番大切なのは、どのマッチングアプリを利用するかということ。

今回ご紹介した3つのアプリはどれも安心して利用できるマッチングアプリですので、ぜひ使ってみてください。

その中でも、ペアーズは日本最大のマッチングアプリなので、まずは「ペアーズ」で始めましょう。

あなたがマッチングアプリを安心して使い、素敵な出会いがあることを楽しみにしています。

\国内会員数最多の1,000万人超え/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA