【2020年最新】マッチングアプリキャンペーン情報!!

マッチングアプリに潜む既婚者の特徴と判別ポイント15選!対処法も紹介

職場や友人の紹介など、身近な場所でなかなか出会いがないという人にも気軽に出会いを作ることができるのが、マッチングアプリです。実際にマッチングアプリを使って婚活している人や、結婚にまで至っている人もたくさんいます。

しかし、中にはマッチングアプリを利用して女性と出会おうとしている既婚者の男性も紛れ込んでいるようです。大切な時間を割いて婚活をしている女性にとって、一番避けたい相手です。

今回は、実際にマッチングアプリを使って結婚に至った筆者が、マッチングアプリにいる既婚者を見分ける方法について紹介します。プロフィール、メッセージ、実際に会ったときの段階ごとに紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

なぜマッチングアプリに既婚者がいるのか?

マッチングアプリは恋人や、結婚相手を探したい人のためのサービスです。しかし、中には既婚者にも関わらず、妻以外の女性と気軽に出会いたいという男性がマッチングアプリを利用していることがあります。

ここでは、なぜ既婚者がマッチングアプリに紛れ込んでいるのかについて説明しましょう。

マッチングアプリに既婚者は入会できない

先ほど紹介した通り、マッチングアプリは真面目に恋人や将来の配偶者を探す人のためのアプリです。そのため、アプリの利用規約では既婚者は入会できないとされています。

しかし、さまざまな方法を使って、既婚者にも関わらずマッチングアプリを利用している人がいることも事実です。なぜ、既婚者がマッチングアプリに登録できてしまうのでしょうか。

独身証明書の提出は任意

マッチングアプリでは、見ず知らずの人同士が出会います。そのため、アプリに身元証明をする仕組みのあるものがほとんどです。

独身証明書の提出ができるアプリもありますが、提出が任意であるため、既婚者をシャットアウトすることはできません。

独身証明書を発行してもらうには、本籍がある市町村の役所に行く必要があります。もし、独身証明書を義務化すると、アプリを利用したいと考えている人にとっては大きなハードルとなってしまうかもしれません。

マッチングアプリの大きな利点として、気軽に新しい出会いを得られるというポイントがあるため、独身証明書を義務付けることはなかなか難しいでしょう。

Facebookのサブアカウントで登録する人も

マッチングアプリはFacebookと連動しているものも多くなっています。そのため、交際ステータスが既婚になっていると、登録することができないようになっているのです。

マッチングアプリは同性のプロフィールは見られない仕様になっていますが、異性の知人に見つかるというケースは全くないわけではありません。

知人に見つかることを避けたい既婚者は、Facebookでサブアカウントを作って登録する人もいるようです。このように、プロフィールを偽ってマッチングアプリに既婚者が紛れ込むこともあるので、出会わないように気をつけましょう。

マッチングアプリの既婚者の特徴①プロフィール編

マッチングアプリは、プロフィールが気になる相手にアプローチをし、相手からも「イイネ」がもらえるとメッセージが交換できるようになります。

そのため、マッチングアプリで既婚者らしき人からアプローチされても、相手のプロフィールで見抜くことができればそれ以上関係が発展することはありません。

ここでは、マッチングアプリに登録している既婚者に当てはまるプロフィールをまとめました。ただし、以下の特徴に当てはまるからといって、必ずしも既婚者であるわけではないので、その点はご注意ください。

ハイスペックでモテそう

大企業勤務で高収入、爽やかな見た目で、友達も多そうな人がマッチングアプリに登録しているパターンです。そもそも、好条件でモテそうな人は、すでに誰かと付き合っていたり、結婚していたりする可能性が高いです。

既婚者は、身内や知人にバレないように女性との出会いを求めています。そのため、共通の知人が存在しないマッチングアプリで手軽に出会いを見つけようとしていることもあるのです。

中には、ハイスペックな人でも、職場や身近なところで異性との出会いがなく、マッチングアプリをやっている例もあります。そのため、ハイスペックな人だからといって、必ずしも既婚者だというわけではありませんが、違和感を感じるポイントがほかにもないかチェックしてみてもよいでしょう。

Facebookの友達が極端に少ない

先ほど紹介したように、マッチングアプリはFacebookと連動しているので、既婚者がサブアカウントで登録していることもあります。

その場合、既婚者は知人にマッチングアプリを使っていることを知られないために、Facebookの友人が極端に少ないという可能性が考えられます。

プロフィールを見ると、社交性がありそうなタイプなのに極端にFacebookの友人が少ない場合、もしかしたら既婚者であるかもしれません。

結婚に関する記載がない

マッチングアプリのプロフィール欄には、婚姻に関する記載をする欄があります。例えば、独身・離婚・死別、子供の有無などがプロフィールで先に確認することができるのです。

しかし、既婚者の場合、結婚に関する記載が空欄になっている場合もあります。もちろん、記載は任意なので空欄でも問題ありませんが、婚活を目的としたマッチングアプリであれば、わざわざ空欄にしておくのも不自然です。

既婚者が独身と偽るとあきらかな嘘になりますが、回答を避けることで嘘をつかずにすみます。このように、自分のことを不自然に隠そうとしている背景には、何か後ろめたいことがあるのかもしれません。

誰かと一緒に住んでいる

マッチングアプリのプロフィール欄には、住まいや家族構成についての項目もあります。結婚に関する記載でも述べましたが、家族と一緒に暮らしている既婚者は一人暮らしと回答していないこともあります。

たとえば、兄弟と一緒に住んでいたり、ルームシェアしている風を装う場合もあるでしょう。そうすることで、一人暮らしと嘘をつかずに済むだけでなく、彼女を家に招きづらいという口実にもできます。

実際に実家暮らしやルームシェアをしている場合もあるので、親しくなってきたら住まいについてもさらっと聞いてみるのもよいですね。

郊外に住んでいる

独身で都心に職場がある場合、職場の近くや、沿線の便利な場所で一人暮らしをしている人は多いでしょう。一人暮らしをするなら、わざわざ通勤の不便なところを選ぶ人は少ないはずです。

もし、職場にさほど近くないところに住んでいる場合は、もしかしたら郊外にマイホームを持っている既婚者かもしれません。ただ、実家に住んでいるという場合もあるので、これだけでは既婚者かどうかを知るのは難しいでしょう。

マッチングアプリの既婚者の特徴②メッセージ編

マッチングアプリのプロフィールでは、既婚者かも?という違和感を感じることはできても、既婚者であると決定づけるほどの特徴はわからないことが多いかもしれません。

次は、アプローチが成立し、お互いにメッセージがやりとりできるようになった場合の、既婚者の特徴を紹介します。

恋バナや結婚観を話さない

マッチングアプリの既婚者は、自分の恋愛観や結婚観についてあまり語りたがらないという特徴があります。嘘をつくと、ボロを出さないために嘘をつき続けなければならないからです。

真剣に女性との将来を考えるつもりのない既婚者は、恋愛観や結婚観について話したり、聞いたりする必要がありません。また、自分が既婚者であることを隠しているため、できるだけ触れられたくない話題でもあるのです。

本来、マッチングアプリでお互いにいいなと思った相手であれば、どのような人柄か知りたいと思うはずです。しかし、将来的に大切になる結婚観を語りたがらない場合は、遊びの出会いを探している既婚者かもしれません。

自分のことを明かさない

既婚者は、自分を独身であると偽っています。自分のことについて聞かれたときに、うっかり嘘がバレることは避けたいはずです。

そのため、あまり多くを語らず、自分の身辺についてはあまり話したがらないという傾向にあります。自分のことを明かしてしまうと、その設定にあわせてさらに嘘を重ねなくてはならず、ボロが出てしまうかもしれないからです。

夜や土日に連絡が来ない

平日に仕事をしている人であれば、平日の夜や土日は、女性とコンタクトを取りやすい時間帯です。しかし、その時間に連絡が来ない場合、家庭を持っている可能性もあります。
既婚者の男性は、平日の夜や土日は家族とともに過ごしていることが多いはずです。そのため、妻の前で堂々とマッチングアプリを使用することは難しいでしょう。

日頃から連絡をマメに返さないタイプの男性もいるので一概にはいえませんが、仕事外の時間に連絡がつきにくい男性は家族と暮らしている可能性も高いといえます。

すぐに会いたがる

既婚者の男性にとって、マッチングアプリで気軽に出会いを求める理由は、女性の身体が目的であることがほとんどです。そのため、だらだらとメッセージを続けるよりも、早く会いたいと誘ってくることもあります。

お互いのことをよく知らないのに、距離感を無視して会いたがる男性は、大半が女性の身体目的です。既婚者男性の場合、周囲にバレないように、会ってから音信不通になるケースもあります。乗り気でない誘いには、容易に乗らないことが大切です。

マッチングアプリの既婚者の特徴③お付き合い編

ここまで、プロフィールやメッセージなどでの既婚者の特徴について紹介してきましたが、中には既婚者であることを巧妙に隠して女性に近づいてくる人もいます。

もし、実際にマッチングアプリで知り合った人と会ってから、違和感を感じたときは、既婚者である場合もあるので、チェックしてみましょう。

急な電話に出ない

既婚者であれば、平日夜や、土日は家族と過ごしているケースが多いです。そのため、家にいそうなタイミングを見計らって、電話をかけてみるのもよいでしょう。

アプリで知り合って間もないうちは電話番号を知らないかもしれませんが、LINEやカカオトークなどのアプリを知っていれば通話が可能です。急に電話をかけてもいつも出ないという場合は、家族にバレないために電話を無視しているのかもしれません。

写真に写りたがらない

いまは、SNSなどで写真が拡散しやすい時代です。そのため、身バレする危険を避けるために、写真に写りたがらない既婚者もいます。

交際をしているカップルであれば、親密なツーショットを撮るのは珍しいことではありません。中には、写真写りを気にしているだけの人もいるかもしれませんが、極端に写真嫌いを装っている場合は、既婚者の可能性もあり得るでしょう。

左手薬指に指輪の痕がある

毎日指輪をしていると、指輪の痕がつきやすくなります。また、夏場であれば、屋外で仕事をする人なら指の日焼けで指輪をしているかどうか、判別しやすいといえます。

デート中に指輪をしてくる既婚者はいないと思いますが、よく見ると日頃の指輪の痕跡が見つかるかもしれないので、チェックしてみてください。

近場でデートしない

いつも遠方でばかりデートする場合も、既婚者の可能性が考えられます。近場でデートすると、既婚者男性の知人に目撃されるリスクが高くなるからです。

とくに、地元のショッピングモールなどは、家族や知人・友人と遭遇しやすいスポットの1つです。既婚者男性にとって、自分のテリトリーに浮気相手を招き入れるのはリスクが高いので、住まいの近所でデートをしたがらない場合は、既婚者であることが疑わしいともいえるでしょう。

彼女の家でばかりデートする

近場でデートしないことに加え、彼女の家でばかりデートする場合、男性側に交際がバレてはいけない事情があるのかもしれません。また、既婚者男性は、家族を養っているため、自由に使えるお金は独身時代よりも少ない場合が多いです。それらの事情を考えると、彼女の家でのデートはとても好都合なのです。

既婚者男性にとって、マッチングアプリで出会いを求める理由の多くは、女性の身体です。そのため、お金を使わず、目的を果たせる家デートが増えるのは自然なことだといえるでしょう。

家に入れてくれない

彼女の家でのデートはするのに、自宅に招いてくれない男性は、家族と暮らしている可能性が高いです。家に呼べない口実として、プロフィールで兄弟と暮らしていたり、シェアハウスに住んでいたりすると書いている場合もあります。

彼が自宅に招いてくれない、あるいは、住んでいる場所を教えてくれないといった場合は、既婚者であることを疑ってもよいでしょう。独身一人暮らしの男性であれば、女性を家に呼ばない理由はないはずです。ある程度親しくなってきたら、家に行ってみたいとお願いして様子を見るのもよいかもしれません。

マッチングアプリに潜む既婚者の見分け方

残念ながら、マッチングアプリには、既婚者が潜んでいる場合もあります。しかし、それは一部の不誠実な人であり、真面目に婚活に取り組んでいる男性もたくさんいます。

大切なのは、マッチングアプリには既婚者がいるから使うのをやめるということではなく、自分で相手の人柄や、誠実さを見極めることです。マッチングアプリに潜む既婚者を見分け、不誠実な男性にひっかからないように気をつけていきましょう。

上記の特徴が当てはまっていないかを確認する

ここまで紹介したように、プロフィールやメッセージからも不自然な点はいくつか見つけられる場合があります。また、プロフィールを巧みに書いていたり、メッセージでもおかしい点が見つからなくても、実際に会ってみると既婚者の特徴に当てはまる場合もあるかもしれません。

既婚者であれば、よほどやりくりが上手でない限り、いずれは関係が破綻します。婚活中の貴重な時間を無駄にしないためにも、小さな違和感でも慎重に特徴を確認してみることをおすすめします。

相手の名前をFacebookなどのSNSで検索をかけてみる

マッチングアプリの登録は、Facebookと連動しているものも多いです。そのため、相手の本名がわかったら、SNSでアカウントをチェックするのも有効です。

相手が住んでいるエリアや職場、学歴などに嘘はないか、あるいは家族と写っている写真をアップしていないかどうかなど、確認してみましょう。ここで、明らかな嘘があった場合、相手は都合の悪いことを隠している可能性が非常に高いので、既婚者であることも視野にいれておくほうがよいといえます。

相手の過去の恋愛・結婚観について聞いてみる

マッチングアプリにいる既婚者にとって、女性と出会う目的は身体である場合が大半です。真剣に将来を考えているわけではないので、恋愛観や結婚観をとっさに答えられない場合があります。

また、既婚者であることを隠して交際している場合、恋愛や結婚に関する話は、男性にとってなるべく避けたい話題でしょう。真剣に交際しているなら、お互いの考えを知りたいはずですが、不自然に話を逸らすようなら、既婚者である可能性もありそうです。

既婚者がいないおすすめのマッチングアプリ3選

マッチングアプリには既婚者が潜んでいる場合もあるということをお伝えしてきましたが、実際にマッチングアプリを使うならどれを選べばいいの?という人もいるかもしれません。

そこで、ここからは既婚者がいないと評判のおすすめのマッチングアプリを紹介していきます。

基本的にこの3つの中からマッチングアプリを選ぶのがおすすめですが、他にもおすすめのマッチングアプリを知りたいという方がいたら以下の記事を参考にしましょう!

おすすめのマッチングアプリランキング17選【プロが選んだ】最優良マッチングアプリおすすめ比較ランキング17選|プロが作った早分かりチャート診断も

ハイスペに出会える「東カレデート」

 

東カレデート
口コミで評判の「東カレデート」はワンランク上の出会いが掴める  
東カレデートの総合得点
★★★★★(非常におすすめ)
コスパの良さ会員数利用者のスペック
★★★★★★★★★★★
月額料金年齢層
男性:6,500円/月 女性:6,500円/月 ※男性と女性のどちらかが有料会員ならマッチング可能20~40代

\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

 

都内のハイスペック男子・キラキラ女子をターゲットにした、人気雑誌「東京カレンダー」が運営するマッチングアプリです。東カレデートには、美男美女が多く、ハイスペックな人との出会いを求める人が集まっています。大手企業や高学歴、都心在住の男性と出会いたい人にはおすすめです。

ただし、東カレデートには入会審査があります。入会審査は、会員による顔写真の審査と、運営側によるプロフィールの整合性などがチェックされます。

アヤ

写りのいい写真と、丁寧なプロフィールを用意しておきましょう。

ちなみに、東カレデートを利用するには、男女ともに課金が必要です。有料会員の男性とマッチングした場合は、女性が無料でメッセージのやりとりをすることもできます。とくに親しくなりたい相手にアプローチするには、アプリ内でバラを送ることも可能です。


\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

真面目な会員が多い「ユーブライド(youbride)」

 

ユーブライド
ユーブライド(youbride)のホームページ
ユーブライドの総合得点
★★★★(かなりおすすめ)
コスパの良さ会員数婚活適性度
★★★★★★★★★★★
月額料金年齢層
男性:4,300円/月 女性:4,300円/月20~40代

\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

 

ユーブライドは30代〜40代前半くらいの会員が多いマッチングアプリです。男性は30代半ば〜40代、女性は30代前半から40代くらいまでの年齢層が多くなっています。

 

ヒカル

そのため、恋活目的よりも、真剣に婚活に取り組んでいる人との出会いが期待できるでしょう。

ユーブライドは真面目に婚活をして出会いを求めている人の割合が多い反面、Pairsなどの大手マッチングアプリと比較すると会員数が少ないというデメリットがあります。また、地方に住んでいる人にとっては、なかなか近隣の異性を探すのが難しいという声もあるようです。

それでも、既婚者が少なく、真面目に活動している人が多いマッチングアプリとしてはおすすめできるので、ぜひ活用してみてください。


\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

大手企業経営で安心「ゼクシィ縁結び」

ゼクシィ縁結び
婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」の公式サイトキャプチャ
ゼクシィ縁結びの総合得点
★★★★(かなりおすすめ)
コスパの良さ会員数婚活適性度
★★★★★★★★★★★★
月額料金年齢層
男性:4,378円/月 女性:4,378円/月20~30代

 


\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

 

ゼクシィ縁結びはリクルートが運営する婚活アプリです。よりカジュアルに恋人を探したい人向けのゼクシィ恋結びというアプリもあります。

アキト

ゼクシィ縁結びは、メッセージをやりとりするには男女ともに有料会員になる必要があります。そのため、より真剣に出会いを求めて利用している会員が多いという印象です。

 

ゼクシィ縁結びは、無料の価値観診断が受けられ、価値観がマッチしそうな相手をおすすめしてくれるという特徴があります。人柄や考え方を重視して婚活をしている人にとっては、便利なサービスです。

ゼクシィ縁結びには、婚活成婚保証というシステムがあります。

これは、ゼクシィの審査条件をクリアしていれば、申し込みした期間と同じ期間を無料で延長できるという仕組みです。ゼクシィ縁結びは6ヶ月プランの申し込みで1ヶ月あたりの会費が3,630円(クレジットカード払いの場合。申し込み期間が長くなるほうが1ヶ月あたりの金額はお得)になるので、良縁に恵まれなかった場合は、ぜひ婚活成婚保証を利用してみてください。


\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

まとめ:マッチングアプリで既婚者と出会わないように特徴を見極めよう!

マッチングアプリには真剣に結婚相手を探している人もたくさんいます。しかし、中には遊び目的で、女性との出会いを求めている既婚者も潜んでいることがあります。

基本的に、マッチングアプリには既婚者は入会できないルールになっていますが、プロフィールを偽ったり、Facebookのサブアカウントを登録したりして、利用する人もいるのです。

既婚者は独身男性を装い、言葉巧みに近寄ってきます。しかし、プロフィールの違和感や、不自然な時間帯の連絡、あるいは住まいのあるエリアに近寄らせないなどの行動があれば、なにかやましいことがあるかもしれません。

真剣に婚活をしている女性にとって、時間は何よりも大切なものです。そのため、既婚者男性にだまされて、時間を無駄にしないように十分に気をつける必要があります。そのためにも、マッチングアプリに潜む既婚者を見分けるポイントをおさえておくことをおすすめします。

アヤ

男性・女性でそれぞれ分けておすすめマッチングアプリを紹介している記事も参考にしましょう。

【目的別】男性向けのマッチングアプリ11選!おすすめランキングを紹介【2020年最新版】男性向けおすすめマッチングアプリ11選!

女性におすすめマッチングアプリを紹介!使うべきアプリの選び方や女性が出会うコツも女性におすすめマッチングアプリ6選!アプリの選び方や女性が出会うコツも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA