【最新版】マッチングアプリキャンペーン情報!!

滋賀県のマッチングアプリ事件|愛荘町同居男性虐待殺害事件

ゴミ屋敷事件現場の加害者自宅アパートはゴミ屋敷に近い状態だった(写真はイメージ)

「滋賀県で起きたマッチングアプリの事件」といえば、最も有名なものは2019年に起きた「滋賀県同居男性虐待殺害事件」である。

当記事では、この事件の詳細をまとめる。

最も大切なことは、被害者の男性のご冥福をお祈りすることである。

そして、事件に至る経緯を明らかにすることで、同様の悲劇を防ぐことである。

同じ目的につなげるため、この事件以外のマッチングアプリで起きた殺人事件については、下の記事でまとめている。
マッチングアプリの殺人事件・日本&海外の14例―出会系サイトの事例含む

また、殺人以外の事件については、下の記事で全て一覧にしている。
マッチングアプリ事件381例-出会系サイト殺人等犯罪被害ニュース一覧

その他、当事件と並んで有名な「Tinderで起きた大阪の殺人事件」については、下の記事を参照されたい。
マッチングアプリ・Tinderの事件|大阪民泊外国人・兵庫県女性殺害事件

(文責:制作ディレクター・藤井誠二)

滋賀県同居男性虐待殺害事件

福田あいり加害者の小林久美子被告(55)の自撮り写真。37歳と年齢を偽り「福田あいり」の偽名を名乗っていた(出典:FRIDAY

 
2019年10月25日に、滋賀県で起きた事件。

母子2人がかりで1人の男性を半年間虐待し、殺害したもの。

最初に書いておくと、この事件はマッチングアプリが原因で起きたものではない。

加害者の小林久美子被告(55)が、個人的にアプリを使っていただけである。

そのプロフィールに掲載していた自撮り写真が上の画像で、この写真が広く拡散されたため「マッチングアプリの事件」というイメージが定着した。

事件のデータ

滋賀県事件現場のアパート。外にゴミの置かれているところが小林容疑者の部屋(出典:FRIDAY
発生年月 2019年10月25日
場所 滋賀県愛荘町
加害者 小林久美子被告(55歳・母親)
息子(19歳・アルバイト作業員)
被害者 岡田達也さん(当時25)
概要 母子が同居男性に虐待を繰り返し殺害
虐待の時期 2019年6月~10月(5ヶ月間)
虐待の経緯 同居していた岡田さんが、退職により生活費を入れられなくなった
同居の経緯 岡田さんは小林被告の娘と同棲していたが、別れて住む場所がなくなり、小林被告が招いた

事件の概要

滋賀県出典:FRIDAY

ここでは、事件の概要を以下のように分けてまとめる。

事件の詳細

虐待の内容

  • 素手や金属棒で、顔面や全身を殴っていた
  • 食事をほとんど与えなかった
  • 岡田さんの家族に電話をかけ、悲鳴を聞かせて脅迫していた

被害男性の状態

アパート出典:週刊女性
本来の岡田さんは、身長174cm・体重50kg前後だった。

しかし、死亡時の体重は30kg台に減少していたという。

また、遺体には数十カ所の傷があり、左腕は骨折していた。

岡田さんはなぜ、加害者2名と同居したのか

岡田さんはもともと、小林被告(55)の娘と同居していた。

娘・A子さんは30代である。

岡田さんは事件当時25歳であったため、歳も近かった。

岡田さんとA子さんは同棲していた。

しかし、やがて別れたため、岡田さんは住む場所がなくなった。

その時、小林被告が「うちに来ればいい」と誘ったという。

交際し、同棲していた女性の母親なので、岡田さんも自然に受け入れた。

同居を始めたのは、2018年10月頃である。

岡田さんの家族をどのように脅迫していたか

アパート出典:iZa(イザ)

このように部屋の外にも大量のゴミを放置しており、しばしば注意を受けていたという。

加害者2名は、岡田さんの兄(29)と、父親に対しても脅迫を行っていた。

2019年8月~10月にかけて複数回電話をかけ、通話中に岡田さんを殴って悲鳴を聞かせていたという。

「今、殴ったぞ」「(岡田さんが嘔吐し)床が汚れた。どうしてくれる」などの言葉で脅迫を重ねていた模様。

岡田さんを殴る以外では、以下のような言葉で脅迫をしていた。

  • 「(岡田さんの)面倒を見ている。金をくれ」
  • 「私たちは付き合っていて妊娠もしている。子どもをおろす金もよこせ」
  • 「用意せんとヤクザを連れて行く」
  • 「150万円送れ」

「妊娠している」という理由で脅していたが、滋賀県警の捜査で小林容疑者の妊娠は確認できなかった。

事件の経緯

なぜ虐待されたのか

アパート出典:週刊女性
18年10月当初は、通常の同居をしていた。

しかし、2019年春頃に岡田さんが仕事を退職した。

この退職によって生活費を入れられなくなったことで、小林被告らが虐待を加えるようになったという。

なお、退職前から岡田さんの収入は小林被告に管理されていた。

事件発覚の経緯

小林容疑者の119番通報によって発覚した。

2019年10月25日、その日も虐待を受けた岡田さんが、呼吸をしなくなった。

そのことに気づいた小林容疑者が119番通報。

搬送先の病院が滋賀県警に連絡し、事件が発覚した。

【参考】同居男性を殺害容疑 食事与えず暴行 滋賀・2人逮捕|朝日新聞

逮捕までの経緯

岡田さんが亡くなったのは、2019年10月である。

それから逮捕まで1年をかけて、滋賀県警は慎重に調査を進めた。

調査を時系列でまとめると、以下のようになる。

岡田さん殺害 2019年10月25日
最初の逮捕(岡田さん兄への恐喝容疑) 2020年10月14日
2回目の逮捕(最初の男性への虐待) 2020年11月4日
3回目の逮捕(岡田さんの殺害) 2020年11月25日

ここまで時間がかかるのかと驚くかもしれないが、県警は間違いなく小林被告を強く疑っていたはずである。

それでも、確実な証拠を隠滅されないようにつかむには、慎重な捜査が必要だったと推測できる。

男性は「自由に外出できたのに逃げなかった」(捜査員)

捜査関係者は岡田さんの状況について「拘束されていたような形跡はなく、自由に外出できる状態だった」と語っている(参考)。

週刊女性の取材でも「ひとりで近所に買い物にも出かけてい」たという。

それにも関わらず岡田さんが逃げ出さなかった理由として、小林被告が免許証を預かっていたことなどが指摘されている。

それに加えて、繰り返される暴力によるマインドコントロールもあったとみられる。

小林久美子被告の人物像

滋賀県

送検される小林被告。ポニーテールが黄色というべき完全な金髪(出典:FRIDAY)。

「男性器を切った」として地元で有名だった

小林被告は2012年「男性の性器を切った」として、地元で噂になっていた。

この件をフライデー記者が刑事に確認したところ、結束バンドで縛って壊死させたというのが実態だという。

(それでも噂に非常に近い行為である)

自分の3人の子供にも虐待を加えていた

アパート出典:iZa

小林被告には子供が3人いる。

その全員に虐待を加えており、子供たちは3人とも児童養護施設で育った。

施設を出る年齢からは小林被告と同居する時期もあったが、逃げては戻る生活を繰り返していたという。

被害者の岡田さんと交際していた時期のある娘・A子さんも、施設を出てからも虐待を受けていた。

この事件の裁判で、娘は小林被告と同居していた約1年4カ月を「地獄の生活」と振り返っている。

  • 髪の毛をつかまれて顔を壁に打ち付けられた
  • 胸などにたばこを押し付けられた

などの虐待を受けていたという。

【参考】暴行死初公判、母親の虐待は子供に茶碗1杯の冷や飯|iZa

小林被告と過去に交際していたB氏(滋賀県在住)によればA子さんが「おばさん(小林被告)に暴力を振るわれてご飯も食べさせてもらえない」と助けを求めてきたこともあるという。

この内容から、食事を十分に与えられていなかったことがわかる。

【参考】フライデー

2011年には別の男性を虐待

相関図出典:週刊女性

小林被告は、2011年にも男性を虐待していた。

当時23歳の男性と同居しており、小林被告と合わせて3名の加害者で虐待を繰り返していたといいう。

(被害者男性以外に、小林被告は2名の男性と同居していた)

その時は鼻を骨折させるなど、全治6ヶ月の重症を男性に負わせたという。

この男性も当時激やせしていたといい、岡田さんへの虐待と手口が似ている。

昔から多くの若者と同居していた

小林被告は、昔から多くの若者と同居していた。

若者が多く集まっていた理由について、小林被告と付き合いのあった男性は、以下のように語っている(要約)。

  • もともと姉御肌の気質がある
  • 親が心配するようなことをしても咎めない
  • 悪いことをしても注意しない

このような理由で、いわゆる「不良」の少年少女にとっては、居心地が良かったという。

小林被告の非常識な価値観が、彼らには「寛容」と映っていたようだ。

事件現場のアパートには、夜になると頻繁に、バイクに乗った若い男が10人ほど集まっていたという。

そして、深夜遅くでも大声でしゃべり続けていたということだ(参考)。

元交際相手・B氏から見て小林被告はどんな人物だったか

B氏が付き合い始めた当初、小林被告は「面倒見のいいお姉さん」だったという。

洗濯をしてくれる、時々お弁当を作ってくれるなどし、B氏にとっても居心地がよかったという。

37歳という年齢が嘘なのは明らかと感じていたが、その点は問題がなかったようだ。

当初は居心地が良かったものの、小林被告は徐々に家事などの手伝いを全くしてくれなくなった。

「朝から酒を飲んで寝ているだけ」だったという。

小林被告は生活保護を受けており、働いていなかった。

参考資料一覧

関連記事一覧(マッチングアプリの事件・トラブル)

冒頭で紹介したもの以外でも、当サイトではマッチングアプリに関する事件を多くまとめている。

性犯罪は殺人につながることも多いが、性犯罪については下の記事でまとめている。
マッチングアプリ・出会系サイト 性犯罪事件36例|性的暴行・強制猥褻・児童買春など

また、今回の事件では虐待が大きな罪に問われているが、虐待も含む各種の事件は以下の記事にまとめている。
マッチングアプリの事件|窃盗・強盗・ぼったくり・不正勧誘・悪徳商法等24例

その他、マッチングアプリで最も多い詐欺事件については、下の記事を参照されたい。
マッチングアプリの詐欺事件46例 |手口・特徴・外国人の国際ロマンス詐欺等

これらのように刑事事件にはなっていないものの、国民生活センターなどに届けられているトラブルのパターンや対処法については、下の記事を参照されたい。
マッチングアプリのトラブル例17選&逮捕の事例36選!警察・弁護士への相談法&回答も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA