【2020年最新】マッチングアプリキャンペーン情報!!

マッチングアプリでのフェードアウトしたい・された時の対策や避ける方法を紹介

疑問
「マッチングアプリでのフェードアウトとは?」

「どうしてフェードアウトするの?」

「フェードアウトする方法が知りたい」

マッチングアプリを使っていて、「フェードアウト」という言葉を聞いて何のことだか不思議に思ったことがある方も多いと思います。

マッチングアプリを長く使用していればフェードアウトする、またはされることを多かれ少なかれ経験します。

本記事ではフェードアウトとはどういうことなのか、またこの行動に隠された理由実践方法などについても解説していきます。

ざっくりまとめると…
  • 少しずつ距離を置くお別れをフェードアウトという
  • フェードアウトの理由は様々ある
  • シーン別にフェードアウトの仕方を選ぼう
  • メッセージに気を付けてフェードアウト回避
  • フェードアウトされすぎならアプリを変えよう!
  • おすすめは恋活ならペアーズ」、婚活もしたいならOmiai」、がっつり婚活ならペアーズエンゲージ
順位 アプリ名 おすすめ度 年代 1ヶ月料金 3ヶ月料金
恋活 ペアーズ ★★★★★ 20~40代 3,590円/月 2,350円/月
婚活 ペアーズエンゲージのアプリのロゴアイコンペアーズエンゲージ ★★★★★ 20~40代 9,800円/月
※初期費用9,800円(無料キャンペーン中の場合も)
プランなし
中間 Omiai ★★★★ 20~40代 3,980円/月 3,320円/月

好きなところから読む

マッチングアプリのフェードアウトとは?

マッチングアプリでのフェードアウト(FO)とは、主に特定のユーザーとの関係を絶つために少しずつ距離を置くことを指します。

マッチングアプリで言うと、マッチングしメッセージを交換していたにも関わらずそっとやめる、ということです。

穏便にお別れをするという目的で多く使われる方法です。

マッチングアプリでフェードアウトする理由

それまでやりとりをしていたのにも関わらずどうしてそんなことをするのか、と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、わざわざフェードアウトという手段を使ってお別れをすることを選ぶのには様々な理由があります。

ここでは代表的な理由をご紹介していきます。

相手が思ってた人と違う

プロフィールを見て「気が合いそう」と興味を持ってメッセージを開始して、その中で思ったほど話が弾まなかったという経験はないでしょうか。

この違和感は相手のせいではないため、なるべく傷つけずにお別れしたいという場合に自然とフェードアウトをしていく、というユーザーも多く見られます。

メッセージのテンポ感が合わなかった

こちらは数時間毎に返信しているのにも関わらず、相手がすぐに返信してくる…ということが続いたら、「返事を急かされている」「生活リズムが合っていない」と感じてしまう人もいます。

特にたくさんの会員と同時にやりとりを交わしている人は、少しでも合わないと感じたらメッセージをやめてしまうことがあるようです。

実際あったら写真と違った

これは、メッセージ交換中ではなく、実際にデートした後の話です。

直接会った時にプロフィール写真とあまりにも違うと感じてしまうと、期待が外れてしまいやりとりの継続をしたくなくなるのでしょう。

容姿だけでなく、メッセージ交換だけでは分からない性格仕草なども判断の要素に含まれます。

実物をどう感じるかは会ってみるまで分からないというのはマッチングアプリでの出会いのデメリットの1つかもしれませんね。

遊ばれそうだと思った

プロフィールを見て良い人そうだと思ったのに、いざ会話をしてみたらなんだかチャラチャラしている、夜中に会おうと誘ってくる…など不安になるような雰囲気だったらメッセージ交換を中断するということもありえます。

また、メッセージまでは良かったがデート中に真剣な様子が感じられなかったら同様にフェードアウトを検討することがあります。

会う約束がなかなかできなかった

マッチング・メッセージをスタートしてからしばらく経ち、十分にお互いのことを知ったのにも関わらずデートの約束ができない。

こんな時、相手は自分に気がないのかな、と考えあきらめてしまう人もいます。

会えそうにない相手とダラダラと会話を続けるより、他の人にシフトチェンジした方が良いと感じられるからです。

価値観が合わなかった

メッセージの中や実際にデートした際にお金やライフスタイル、人間関係などについての価値観のすれ違いを感じ、別れを考えるユーザーもいます。

特に結婚を希望している会員などは、価値観が合わないと将来お付き合いをしていくお相手として検討するにあたって不安を覚えることも多いでしょう。

マッチングアプリでフェードアウトされる理由

多くの会員がマッチングアプリで気になっていた相手にフェードアウトされてしまうという経験があることでしょう。

ここでは、フェードアウトされてしまうきっかけになりやすい行動について解説していきます。

相手のことばかり質問攻めにする

相手についてより良く知るために質問をすることは仲良くなるための1つの手段と言えます。

しかし、事細かに質問攻めにされたら窮屈に感じられます。

さらに、ずっと質問する側に徹していると自分自身のことをお相手に伝えることができません。

一方的に知るだけでは親密になることは難しいでしょう。

質問するだけで終わる

質問して回答が返ってきたら、それに触れずに違う質問をしたり話題を変えてしまうことはないでしょうか。

質問に対する答えに何の反応もないと、「本当に知りたくてこの質問をしたのか」と疑問を抱かれてしまいます。

相手の答えに対して共感・感想や掘り下げた質問を返すことで「あなたのことが知りたい・興味を持っている」感を出すことができるのです。

ガツガツし過ぎている

マッチングしたばかりなのにすぐにデートに誘ってくる、メッセージをガンガン送ってくる…あまりにもがっつかれると引いてしまう会員もいます。

何より相手の気持ちを考えずに行動している感じが相手に悪印象を与えてしまうので、相手のペースに合わせて接することが何より大切と言えるでしょう。

服装や髪型がダサい

マッチングしたは良いが、よく見たら服装や髪型がダサかった…

特に女性は容姿に無頓着すぎるユーザーを敬遠する傾向にあります。

どちらかといえば隣を歩いていて嬉しくなるような異性と出会いたいですよね。

プロフィール写真を盛っている

意図的にプロフィール写真を実物とかけ離れた写真にしていると、実際に会った時に「誰ですか?」となってしまいます。

こうしたことが起きないために、なるべく実物に近い写真をプロフィール写真に使用したいところです。

フェードアウトした?された?体験談をご紹介!

ここでは実際にフェードアウトした!された!という体験談についてご紹介いたします。

「あれってもしかしてフェードアウトだったのかな?」と思ったらチェックしてみてください。

フェードアウトした体験談

仕事で忙しいと理由をつけ会う回数を減らしていきました。

電話がかかってきても2回に1回は出ない。

メールやメッセージで回答するようにし、極力話すことを避けました。

そして半年が過ぎた頃、相手に好きな人ができ別れを切り出されました。

フェードアウトされた体験談

印象に残っているのは、私より一つ下の会社員の人でした。

年下男子で、顔もスタイルも好みで、アニメの趣味も同じで、実際にデートしてみたんです。

でも、会ってから彼からの連絡が減っていて…今は何をしているかも分かりません。

マッチングアプリでフェードアウトするメリット・デメリット

マッチングアプリでフェードアウトするメリットやデメリットはどういった事があるでしょうか?

メリット・デメリットのポイントをまとめてみました。

メリット
  • お互いに嫌な思いをせず、穏便に終わることができる。
  • 他の異性との同時進行をすることができる。
  • もしもう一度関係を戻したくなったときにまた連絡が取りやすい。
  • ストーカー化などトラブルを避ける意味合いもある。

フェードアウトを選ぶと相手を傷つけたり怒らせたりすることがなく、無駄な諍いを避けることができるのが主なメリットでしょう。

デメリット
    • はっきりと別れの言葉がないとすっきりしない
    • 相手がフェードアウトされたことに気が付かず関係を継続したがることがある
    • はっきりと言わないことを失礼だと感じる人もいる
    • ちょっとした喧嘩で、別れを考えるようになってしまう。

フェードアウトは、きっぱりとした別れがないからこその問題も起こる可能性があることを忘れてはいけません。

フェードアウトをする際にはよく検討してからにしましょう。

【シーン別】マッチングアプリでフェードアウトする方法

既にお伝えしたデメリットを考えつつ、マッチングアプリでフェードアウトをする際には時と場合により適切な方法が異なります。

ご自身に合ったシーンのものを参考にしてみてください。

アプリ内のメッセージor会った後

まだアプリ内でメッセージを交換しているだけの場合、実際に会ったことはあるが個人情報は知られていない状況の方におすすめの方法は以下です。

仕事や体調不良を理由にする

仕事体調不良が理由なら、多くの人がしかたないと感じるでしょう。

これを利用して少しずつ連絡頻度を下げていっても不快な思いをさせることはほとんどありません。

返信は遅くする

返信が早いと自分に興味があるのかな、と感じますよね。

その逆に考え、返信を遅くしていくのがこの方法です。

相手もだんだんと気づいていくことでしょう。

会話を盛り上げない

全ての返信をそっけなくする。

何を尋ねても「はい。」としか返信がなかったら、多くの人があなたの気持ちを察しあきらめてくれます。

私はあなたに興味がありませんよ、と暗にアピールしていくのです。

会えないことを伝える

会いたいという旨のメッセージが送られてきたらきっぱりとお断りしましょう。

ただし、穏便に済ませたい場合は「仕事が忙しくて」などの理由を添えると相手を嫌な気持ちにしないで済みます。

ほかの人と付き合うことになったと伝える

他に恋人や好きな人ができたことを伝えてもなおしつこくしてくる人はいないでしょう。

相手が悪いのではなく、他に意中の方がいるから終わりにしたい旨を伝えることであきらめてもらうのです。

個人情報を知られている場合

ある程度親しくなってからだと、ついラインやSNSなどの個人情報を教えてしまっているかもしれません。

この場合は、先ほどのパターンに比べ少々リスクを伴いますので注意深く行うことが必要です。

少しずつメッセージを減らす

徐々にメッセージの頻度を遅らせていきます。

突然ぱったりとやめてしまうと「どうして?」と思われてしまうかもしれません。

最終的にラインをブロックする

少しずつ連絡を減らしていき、相手からも返事がなくなったころ合いを見計らい、ラインなどの連絡先をブロックします。

ブロックさえしてしまえば相手からはもう何の手の施しようもないのでここまで来たらほとんど安心です。

ラインのタイムラインを非公開に設定

ラインのタイムラインを利用している方は、ブロックと同時にタイムラインの公開範囲から相手を外しておきます。

タイムラインの内容から相手についたがバレた場合、怒りを買ってしまう可能性があるからです。

Facebookは非公開設定や投稿削除をする

Facebookもタイムラインと同様です。

もしも相手にフルネームを知られている場合は公開設定を変更し個人情報を友達以外に見られなくするか、投稿を削除するという対策をしましょう。

Facebookは自身だけでなく友達にも被害が及ぶ可能性があるのでもしFacebookを知られている状態でお別れする場合は慎重にフェードアウトをしたいところです。

本名を知られているなら慎重に!

本名を知られた状態でフェードアウトする場合は慎重に進めることが必要です。

相手にマイナスの印象を与えずにお別れできるおすすめのフェードアウトの方法は、相手の恋愛対象から外れることです。

相手が恋人に求める条件を自ら外していきつつ友好関係を保つことで、恋人から友人関係にシフトしていき、穏便にお別れができるでしょう。

マッチングアプリでフェードアウトを避ける対策方法

次は、自分自身が気に入っている相手にフェードアウトをされないためにできることについてご紹介していきます。

お付き合いしたいと思った相手とうまくいくよう、注意して接していきましょう。

適切なマッチングアプリを選ぶ

自身の目的希望の出会い方に合ったマッチングアプリを選ぶことも、フェードアウトされないためには非常に重要なポイントです。

ペアーズ」は言わずもがなマッチングアプリの王道で、会員数も非常に多く、出会いに困らないアプリです。

恋活をしたいのであれば、このアプリを入れておけば間違い無いでしょう!

Omiai」では真剣な恋愛や婚活目的で20代~30代前半の若い世代人気のマッチングアプリです。

マッチングアプリでは珍しく交際後についての価値観でソートして検索することができるので、価値観にこだわりたい方にはぴったりでしょう。

ペアーズエンゲージ」は日本でも最大級の規模を誇るペアーズから生まれた婚活向けマッチングアプリです。

その充実したデータベースとあなたの基本情報を基にあなたにぴったりのお相手を1日1人紹介してくれる婚活相談所のマッチングアプリ版のようなサービスで、婚活に本腰を入れたいあなたにおすすめです。

順位 アプリ名 おすすめ度 年代 1ヶ月料金 3ヶ月料金
恋活 ペアーズ ★★★★★ 20~40代 3,590円/月 2,350円/月
婚活 ペアーズエンゲージのアプリのロゴアイコンペアーズエンゲージ ★★★★★ 20~40代 9,800円/月
※初期費用9,800円(無料キャンペーン中の場合も)
プランなし
中間 Omiai ★★★★ 20~40代 3,980円/月 3,320円/月

これらの中から自分にあったマッチングアプリを選びましょう!

他のアプリも知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

自分のことは相手にしっかり話す

実際に会った時に印象が違うと思われないためにも、会話を続けたいと思ってもらうためにもあなた自身のことをよく知ってもらうことが必要です。

相手への質問と自分についての話のバランスをうまくとれるよう、時折メッセージを見返してチェックして進めて行きましょう。

相手が質問に答えたらそこから話を広げる

質問するだけして回答をスルーされたら答えがいがないですよね。

また、相手のことをよく知りたいと思ったらさらに掘り下げた質問をして興味を示し理解に努めることが必要条件になります。

相手はどんなことを話したいのだろう、と一呼吸置いて考えてからメッセージを送信してみましょう。

メッセージで写真を送る

メッセージ内で写真を送ることができるアプリでは積極的に利用していきましょう。

文字だけでの会話より楽しく、盛り上がりやすくなります。

おいしそうな料理の写真を送れば、デートのお誘いのきっかけにもなりますよ。

プロフィール写真は自然体を意識する

なぜ自然体の写真がおすすめなのかというと、人柄が見えることに加えお付き合いに至った時のことが想像できるからです。

さらに、加工しているのが分かるような写真は実際に会った時のギャップが心配になりますし、キメキメの写真だと敬遠されてしまいがちです。

会うときは服装や髪型に気をつける

一張羅で行く必要は全くありませんが、最低限の清潔感は保っていきましょう。

ヘアスタイルは自然にセット、男性の場合はベーシックな色味とアイテム、女性は派手過ぎずデートの場所に合っていれば問題ありません。

事前に相手の好きな服装を聞いておければ合わせて行きましょう。

フェードアウトされてから復活する方法

気に入った相手から、いつの間にかフェードアウトされてしまった。

それでもまだあきらめたくないという時は、1度だけ挑戦してみても良いかもしれません。

数週間様子を見てメッセージを送る

いつの間にか連絡がなくなってしまった。

そんな時は、明るい・短い・返しやすいの3点を意識したメッセージを送ってみましょう。

間違ってもなぜメッセージが途切れたのか尋ねてはいけませんので注意してください。

送るときはさりげない優しさをアピール

今まで以上に気遣いを意識したメッセージを送ることを心がけましょう。

1度フェードアウトされたら次のチャンスを逃さないためにも本当に慎重に接することが大切です。

相手に負担や罪悪感を感じさせないこと

お付き合いはしていなくても、距離を置く意味で誰かを拒否することには勇気労力がいります。

だからこそ相手はフェードアウトという手段を選んだのです。

そのことを踏まえてあくまでも気にしていない体を装って接して気負わせないよう配慮しましょう。

【まとめ】マッチングアプリでフェードアウトするなら個人情報を教えないこと!フェードアウトされないためには対策を万全にしよう

マッチングアプリでのフェードアウトについて様々な角度から解説しましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下です。

本記事のまとめ
  • 少しずつ距離を置くお別れをフェードアウトという
  • フェードアウトの理由は様々ある
  • シーン別にフェードアウトの仕方を選ぼう
  • メッセージに気を付けてフェードアウト回避
  • 復活する方法もある

マッチングアプリを利用していると、少なからずフェードアウトする・される場面にあたると思います。

そんな時は本記事を参考に適切に対処し、円満に解決しましょう。

あまりにもフェードアウトが多い場合には以下のマッチングアプリを新たに始めることをおすすめします!

順位 アプリ名 おすすめ度 年代 1ヶ月料金 3ヶ月料金
恋活 ペアーズ ★★★★★ 20~40代 3,590円/月 2,350円/月
婚活 ペアーズエンゲージのアプリのロゴアイコンペアーズエンゲージ ★★★★★ 20~40代 9,800円/月
※初期費用9,800円(無料キャンペーン中の場合も)
プランなし
中間 Omiai ★★★★ 20~40代 3,980円/月 3,320円/月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA