【2020年最新】マッチングアプリキャンペーン情報!!

【障害者の結婚事情】障害者におすすめの結婚相手を探す方法とその理由を解説!

安心安全に障害者が結婚できる方法は一体何か?

健常者、障害者関係なく人は誰でも結婚できます

ただ障害者の場合、どうしても健常者と同じ方法で婚活をしても上手くいかない、もしくは同じ方法で婚活に取り組むことができない、といった理由から渋々結婚自体を諦めてしまう方も多いのではないでしょうか?

確かに一昔前は、障害者の婚活方法は限られており結婚は難しいと言われていた時代もありましたが、今では技術が進歩し、障害のある方でも結婚相手を見つけられるツールは次々と誕生しています。

本記事では障害者の結婚と婚活について考えつつ、今注目を浴びている出会いツールマッチングアプリの活用方法を解説していきます。

ぜひ御参考にしてください。

ざっくりまとめると…
  • 障害者の6割が「いずれ結婚するつもり」と結婚に対し意欲的な姿勢
  • 障害者との結婚で「障害が支障になっている」と答えている人は2割しかいない
  • 障害者におすすめの婚活方法は時間・場所問わずできる「マッチングアプリ
  • ペアーズには障害者や障害に理解のある健常者を含めたユーザーが1000万人
  • Omiaiには「3年以内に結婚したい」真剣度の高いユーザーが過半数
  • スマリッジはオンライン版結婚相談所で、登録からマッチングまで全てオンラインで可!
人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ
ペアーズの総合得点
(非常におすすめ)
コスパの良さ会員数恋活適性度
月額料金年齢層
男性:2,350円/月
女性:無料
20~50代

\国内会員数最多の1,000万人超え/

障害者の結婚事情

まずは障害者の結婚事情を内閣府の発行している「平成25年度 障害者白書」を元にみていきましょう。

国内の障害者の結婚率

こちらは健常者と障害別の配偶者の有無を数字を表した表になります。

既婚率未婚率
健常者57.4%26.4%
身体障害者60.2%35.4%
精神障害者34.6%63.9%
知的障害者2.3%96.7%

未婚率だけを見ると身体障害者は約35%精神障害者は約64%知的障害者は約97%となっており、健常者の26.7%と比べてもかなり高い水準が出ています。

国内の障害者の結婚願望

障害者の未婚率は高いとはいえども、結婚に対する意識はとても高く、障害者総合研究所の調査によると、未婚の障害者の66%が「いずれ結婚するつもり」と答えており、34%が「一生結婚するつもりはない」と回答しています。

いずれ結婚するつもり66%
一生結婚するつもりはない34%

この数字を見ると結婚願望の強い障害者は多いのにも関わらず、成婚に至っていないと肩を落としてしまうかもしれませんが、実際に結婚された障害者の方の結婚生活を見てみるとこのような調査結果も出ているのです。

「結婚生活を送る上で、あなたの障害は何かしらの支障になりましたか?」という質問に対し、全体の75%がなんと「支障になっていない」と答えています。

アキト

さらに細かく分析するとこのようになっています。
障害が結婚生活で支障になっている障害が結婚生活で支障になっていない
身体障害者22%78%
精神障害者30%70%

恐らくほとんどの未婚の障害者の方は結婚することでご自身の障害が支障になると思ってしまっているかもしれませんが、実際はその真逆で支障になっていないと答えている声のほうが遥かに多いのです。

\国内会員数最多の1,000万人超え/

「障害者同士の結婚」と「障害者と健常者の結婚」の良い点・大変な点

それでは、さらに障害者の結婚について深く掘り下げ、「障害者同士の結婚」と「障害者と健常者」の結婚の良い点・大変な点を見ていきましょう。

障害者同士の結婚

特別支援学校などで障害者同士が知り合い、交際に発展し、結婚に至ることもあるでしょう。

その場合、自分と同じ障害を持っている人とは限らず、全く異なる障害を持つ人と結婚することも多くあります。

障害者同士の結婚と聞いてどう感じますか?

マナ

大変そう…。

レオ

不自由なことが多そう…。

きっとこのような感想が多いでしょうが、実は障害者同士だからこそ分かり合える部分が沢山あり、お互いを支え合うことが幸せと感じるというとても良い点があります。

障害者同士の結婚をサポートするサービスを利用することで、大変だと思っていた結婚生活も全く苦に感じないという声もたくさん聞きます。

障害者同士だからこその支え合いが夫婦の強い絆になるのでしょう。

障害者と健常者の結婚

障害者と健常者の夫婦もいます。

最近では、障害に理解がある人が集う出会いの場(婚活パーティー、結婚相談所、マッチングアプリ等)も多数用意されているので、以前に比べ健常者との出会いも増えています。

障害者の方と結婚する健常者の多くは「心の美しさに惚れた」「精神面が強い」といったことを結婚する理由に挙げています。

相手に介護をしてもらうのは申し訳ないという気持ちでなかなか婚活できないままの方も多いかもしれませんが、実際に健常者の方はそのような事を踏まえて結婚したい・出会いを求めたいと思っている方々なので、あまり萎縮しすぎるのもよくありません。

アキト

夫婦は手を取り合って共同生活を送るもの。これは健常者であっても障害者であっても変わりありません。

\国内会員数最多の1,000万人超え/

障害者が結婚するために使えるサービス

それでは障害者の方が利用できる結婚応援サービスを見ていきましょう。

主に使われている手法が以下の3つです。

マッチングアプリ

今、最も流行の出会いツールは「マッチングアプリ」でしょう。

マッチングアプリは健常者だけのためだ、と思いの方もいるかもしれませんが、決してそんなわけではなく、むしろ障害者の方だからこそマッチングアプリをうまく活用できます。

マッチングアプリは、PC/スマホ一台あれば、場所・時間を問わず婚活に励むことができるので、外出が困難な方、長時間作業を行うことが難しい人でも使えるサービスです。

障害者のユーザーのみならず、障害に理解のある会員も増え続けているので、普段の生活ではなかなか出会うことのできないパートナーと出会える可能性も大です。

▼おすすめマッチングアプリ紹介にスキップ!

結婚相談所

次におすすめしたいのが結婚相談所です。

マナ

障害者が結婚相談所に登録できるの?

一般的な結婚相談所は入会の条件の1つに「心身ともに健康であること」を掲げていることが多いので、そういった場合は障害者の入会は断られるケースもあります。

ただ、障害者でも登録できる結婚相談所、また障害者向けの結婚相談所もあり、そのようなものは入会金から成婚まで無料な場合も多いです。

登録している会員数は一般的な結婚相談所と比較するとかなり少ないですが、同じ境遇の人と出会いたいという方にはおすすめできる婚活方法です。

婚活パーティー

最近では障害者向け・障害に理解のある人限定の婚活パーティーも開催されています。

一般的な婚活パーティーとは異なり、同伴が可となっていたり、移動を必要とするフリータイムが設けられていないなど、障害者の方がストレスなくパーティーを楽しめるようスタッフが知恵を集めて運営しています。

障害者の結婚にマッチングアプリがおすすめな理由

障害者の方が利用できる婚活方法に「結婚相談所」「婚活パーティー」「マッチングアプリ」を挙げましたが、特におすすめなのがマッチングアプリです。

普段の生活ではない健常者・障害者との出会いがある

マッチングアプリには数百万人〜1000万人の会員が在籍しており、普段の生活では会うことのできない異性と沢山出会えます。

もちろん障害者のユーザーもいますが、最近では障害に理解のある健常者ユーザーが増え続けているのも事実です。

\国内会員数最多の1,000万人超え/

時間・場所を選ばずに出会いを探せる

先述した通り、マッチングアプリはスマホもしくはPCがあれば、場所・時間問わずいつでも婚活を始められます。

結婚相談所や婚活パーティー会場になかなか足を運べない外出が困難な人でも、自宅にいるだけで婚活ができてしまいます。

長時間の作業が難しい方でも、ほんのスキマ時間の5分だけで気になるお相手にアプローチできてしまいます。

極論を言うと、プロフィールだけ作っておけば、寝ている間ににそのプロフィールを見た方からのアプローチが来ることもあります。

アキト

つまり、寝ている間も婚活ができてしまうというのがマッチングアプリの魅力でもあるのです。

メッセージで距離を縮めていける

障害者の方には、恋愛経験があまり豊富でない方、もしくは異性とのバーバルコミュニケーションを苦手と感じてしまっている方も多いでしょう。

アキト

でも、安心してください。

マッチングアプリの場合、基本メッセージから全てが始まります。

じっくり自分のペースでお相手に送るメッセージの内容を考えることができますし、相手から来たメッセージに対しても時間をかけて文章を作ることができます。

アキト

面と向かっての会話の場合は、緊張してしまったりすぐに言葉が出なかったり、となにかと不安視してしまいがちですが、メッセージの場合は安心ですよね。

障害に理解のある人と出会える

マッチングアプリには、障害に理解のある人はたくさんいます。

普段の生活ではなかなかそのような健常者と出会う機会がないという方は、マッチングアプリを使って探してみましょう。

アキト

障害に理解があり、積極的に恋愛を求めている方は沢山いますよ。

近くに住んでいるパートナーを見つけることができる

健常者と比べ、障害者の方はどうしても生活圏内が狭くなってしまいます。

毎日同じ顔ぶれ、生活に出会いを諦めてしまっているかもしれませんが、隣町、さらには隣の市を覗くだけでもそこには今まで出会ったことのないパートナーがいます。

アキト

隣町に行くには人の手を借りなくてはいけない、と悩んでいる方はぜひマッチングアプリを活用してみてください。

どのマッチングアプリにも検索条件に「居住地」を選択できる項目があるので、思いっきってアプリ内で足を伸ばし、別地域に住んでいるパートナーも検索してみましょう。

出会いの数は数倍にも数十倍にも増えるはずです。

障害者の結婚の手助けになるおすすめマッチングアプリ

それでは最後に障害者の結婚をサポートしてくれるマッチングアプリを3つ紹介します。

障害者に理解のある人を見つけられる「ペアーズ」

人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ
ペアーズの総合得点
(非常におすすめ)
コスパの良さ会員数恋活適性度
月額料金年齢層
男性:2,350円/月
女性:無料
20~50代

マッチングアプリユーザーの過半数が必ず使っているアプリが「ペアーズ」です。

ペアーズは国内最大級の1000万人もの会員を持つマンモス級マッチングアプリで、障害者の方、障害に理解のある健常者も多く登録しています。

マナ

なんでペアーズがオススメなの?

ペアーズには独自の「コミュニティ機能」というものがあり、「障害」やあなたが抱えている障害を打つと同じ境遇の人たちが集まるコミュニティがたくさん出てきます。

障害者におすすめの婚活・結婚相談所「ペアーズ」
それらのコミュニティには障害者だけでなく、健常者も多く入部しているので、安心して思いっきり素の自分を出して出会いを求められます。

ペアーズは「恋愛」を目的としたマッチングアプリですが、あくまでも真剣に恋活に励む人たちしか登録していないので、ペアーズで恋人を見つけ、結婚される障害者の方も多くいます。

\国内会員数最多の1,000万人超え/

結婚を見据えた真剣な出会いを見つけられる「Omiai」

マッチングアプリ「Omiai(オミアイ)」の公式サイトキャプチャ
Omiaiの総合得点
(かなりおすすめ)
コスパの良さ会員数恋活適性度
月額料金年齢層
男性:3,980円/月 女性:無料20~30代

次にオススメする「Omiai」は結婚相手を探している障害者向けのマッチングアプリです。

Omiaiには500万人以上の会員が在籍しており、その8割が「3年以内に結婚したい」と答えている結婚に対する真剣度がかなり高いユーザーばかりが在籍しています。

Omiaiは、24時間365日の監視体制も整っているので、何か問題に直面したときやわからないことがあるときは、問い合わせをすることで昼夜問わずに即座に回答・対応してくれます。

Omiaiにはペアーズのような「コミュニティ機能」はありませんが、「キーワード検索機能」を利用することで同じ障害をお持ちの方や障害者との恋愛もウェルカムな健常者を見つけることが可能です。

\結婚を見据えた真剣な出会いがある/

コンシェルジュの丁寧なサポートが魅力「スマリッジ」

障害者の婚活・結婚相談所「スマリッジ」

登録料6,000円
月会費9,000円
利用目的婚活
主な年齢層30~40代
男女比55:45
運営会社SEモバイル・アンド・オンライン株式会社

最後におすすめしたいのが、オンライン版の結婚相談所として今注目を浴びている「スマリッジ」です。

スマリッジは、2018年にリリースされたばかりのサービスですが、すでに会員は52,000人を超え、多くの人がスマリッジで結婚相手を見つけています。

アキト

スマリッジの最大の魅力といえば、プロの婚活アドバイザーによるサポートでしょう。

登録すると、一人ひとりに婚活アドバイザーが就き、一人ひとりの会員の希望条件を考慮し、毎月7人のお相手を紹介してくれます。

プロによる人選なので、マッチングの可能性も非常に高く、実際に会員の2人に1人が登録から1カ月でお見合いが成立しているという驚きのデータも公式で発表されています。

また2020年4月からは自宅でお見合いができてしまう「オンラインお見合い」が始まったので、登録からマッチングまで全てオンラインで完結できます。

登録料6,000円、月額費9,000円が発生しますが、3カ月間お見合いが成立しなかった場合は全額返金される「全額返金保証」もついているので、安心して利用できます。


\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

【まとめ】障害者の結婚事情とおすすめのツール

アキト

いかがでしたでしょうか?

ほとんどの未婚の障害者の方は結婚することで障害が支障になると思ってしまっているかもしれませんが、実際に結婚された障害者の方は「支障になっていない」と答えています。

障害を持っていることで、意欲的に婚活できない方も何も行動するのではなく、自信を持って今日から婚活に励んでいただきたいです。

結婚相談所や婚活パーティーに行くことが困難な方は、今からでもすぐに始められるマッチングアプリをぜひ試してみましょう!

マッチングアプリであれば、ほかの人の手を借りることなくご自身のペースでゆっくり出会いを探すことができます。

マッチングアプリに登録してみるだけでも、結婚への大きな一歩ですよ!

\国内会員数最多の1,000万人超え/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA