【最新版】マッチングアプリキャンペーン情報!!

Tinder(ティンダー)はサクラ・業者だらけ? 特徴や見分け方、対処法を解説!

Tinderサクラ

この記事のクリエイター

編集部編集部
校正

日本のマッチングアプリ市場でPairs(ペアーズ)と並んで、圧倒的なシェアを誇るのが米国発のTinder(ティンダー)です。

「2強」ともいえるPairsとTinderは、特徴や使われ方が両極端です。たとえれば、Pairsはまじめな出会いを求める男女が会費を払って参加するパーティー、Tinderはストリートナンパといえるでしょう。

米国発のTinderが2012年にサービスを開始してすぐに全米を席巻し、2015年には日本を含む世界に広がった最大の理由は、誰でも無料で簡単に利用でき、しかも手軽に出会えるからです。日本では2020年3月から18歳以上の年齢確認が必要になりましたが、文化は変わりません。

「開放性」と「手軽さ」はTinderの最大の魅力ではありますが、当然ながらその分、純粋な恋活以外のさまざまな目的をもつ人が利用しています。なかには男女の出会い以外を目的とした利用者さえいます。このようなタイプの利用者で、一般的に特に注意が必要なのは「サクラ」と「業者」です。

サクラは、アプリの運営側が利用者に課金をさせる目的で仕込む存在です。業者は、この記事では「悪意ある営業行為を組織的に行っている者」ととらえます。

この記事では、Tinderのサクラ・業者の実態、その特徴や見分け方、対処法などについて詳しく解説していきます。

ざっくりまとめると…
  • Tinderにサクラはいないが業者はいる
  • 業者の主なタイプは6種類
  • 特徴と見分け方は連絡先を公開しているなど6つ
  • 対処法は連絡先にアクセスしないなど4つ
  • 業者は一部存在するものの、Tinderは信頼性が高く出会えるアプリ

Tinder公式のバナー

\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

Tinderにはサクラ・業者はいるの?

Tinderにはサクラ・業者はいるの?

結論から言えば、Tinderに「サクラ」はいませんが、「業者」はたくさんいます。

日本のTinderのアクティブユーザーは、様々な推計がありますが100万人程度と見込まれます(2022年2月現在)。Tinderの2種類の有料会員プランは低料金ですから、ユーザー数に対する管理コストを考えれば、運営側がサクラを投入するメリットがありません。

それに、米国上場のグローバル企業であるMatch Groupが運営する世界的なマッチングアプリサービスで、サクラなどを使ってバレたりしたら大変です。そんなリスクを冒すはずがありません。

では、業者はどうか。これは冒頭で述べたように、Tinderの最大の魅力は「基本的に誰でも無料で簡単に利用できる」という点ですから、業者がある程度、紛れ込むのは仕方がないとはいえます。日本での利用者数上位10位の主要なマッチングアプリのなかで、Tinderは業者が多いサービスです。

Tinderがどういうアプリか、その特徴や文化を知って利用するのが重要です。 素敵な異性も、ただのやりたがりも、悪い人もたくさんいるオープンなフィールドです。だって、ストリートナンパですから。

ウラノ

レオ

Tinderってそんな世界なんですか?やってる友達多いし、手軽に利用できるイメージで興味があったけど、ちょっと怖くなってきた……。
大丈夫。ちゃんと「悪意ある人」を見分けるコツがあります。そうでなかったら、世界で最も消費支出されている非ゲーム系アプリ(2020年3月現在)になんかなりませんから、笑。

ウラノ

Tinderは業者が多いと言っても、魅力満載のアプリです。業者を見分けて避けるテクニックが必須となりますが、それほど難しいことではありません。

\今すぐ登録して出会いを掴もう!/

Tinderにいる業者の種類

Tinderにいるサクラ・業者の特徴

筆者の個人的な実感では、Tinderにいる業者は、

  1. 援助交際・パパ活・ママ活
  2. 個人情報の詐取
  3. ホストクラブ・キャバクラ・風俗店への誘導
  4. マルチビジネスの勧誘や悪徳商法などの詐欺行為
  5. 自己啓発セミナーや宗教への勧誘
などが多いです。そのほか、6つ目として金銭の詐取も、比較的多いです。

援助交際・パパ活・ママ活、個人情報の詐取

援助交際・パパ活・ママ活、個人情報の詐取が多いのは、Tinderに限らず、無料のアプリに共通した特徴です。

特に、パパ活は最近、背後に組織的な斡旋業者がいるケースが増えていて、悪質な業者も多いです。個人情報の詐取は、悪質な個人情報収集業者がアルバイトやbot(ボット)を使って大々的にさせているものです。

ホストクラブ・キャバクラ・風俗店への誘導

ホストクラブの勧誘が多いのもTinderの特徴です。Tinderが若者の間で流行している、寂しさを感じている女性が多い、「出会ったら、すぐに会う」という使われ方である、などを利用して集客に使っています。何回かデートして、店へ誘導というパターンです。

マルチビジネス、悪徳商法、自己啓発セミナー、宗教

マルチビジネスや自己啓発セミナー、宗教への勧誘、悪徳商法などの詐欺行為が多いのも、Tinderの特徴です。これもTinderの「出会ったら、すぐに会う」という使われ方を利用して、対面中にデート商法や投資話などを仕掛けてきます。

金銭の詐取

それほど多くありませんが、女性とデート中に「俺の女と浮気しやがった」などと因縁をつけて恐喝行為を行う美人局(つつもたせ)などもみられます。

レオ

ますます怖くなってきた……。大丈夫かな……。
マッチングアプリを利用するなら、どれも注意しなくてはならないことです。見分けられますから大丈夫ですよ、笑。

ウラノ

Tinderにいる業者の特徴と見分け方

Tinderにいる業者の特徴と見分け方

相手が業者かを見分けるためには、その特徴をつかむ必要があります。

Tinderは相手を直感的に選ぶというカード方式のため、 (1)写真が非常に重要、(2)文字情報がきわめて少ない、という特徴があります。

業者はこのルールのなかで、何とか初心者を騙してLikeを押させようと工夫してきますから、Tinderなりの業者の見分け方があります。

連絡先を公開している/すぐに教えてくる

LINE、Twitter、Instagramが多いです。Eメールの場合もあります。普通に考えればSNSのアカウントやID、Eメールをプロフィールに掲載したり、知らない人にすぐに教えたりすることは考えにくく、ほぼ確実に業者と思ってよいです。なお、フォロワーを増やしたいだけの会えない人もいます。

Tinderでは、アカウントの収集、援助交際・パパ活・ママ活の斡旋目的の業者が多いです。後者の場合は、待ち合わせ場所に写真とは全く似つかない人物が現れたり、強面の男性スタッフが一緒に現れて金銭を要求されたりするので気を付けましょう。

特に女性の場合、普通はSNSのアカウントや連絡先を教えるのは慎重ですよね……。

マナ

なんか展開が急だなとか、不審な点があれば注意して欲しいです。冷静になって考えれば、怪しいと気づくと思います。

ウラノ

写真が芸能人やモデル、アイドル級の美人・イケメン

Tinderは比較的、美人やイケメンに出会いやすいアプリです。なかには実際に芸能人やモデル、アイドル級の人もいます。しかし一方で、過度な写真加工、なりすましなどが多いアプリでもあります。

2021年4月から「なりすまし防止」のための写真認証が順次導入されましたが、今のところ未認証の人が圧倒的に多いのが現状です(2022年2月現在)。

Tinderの写真認証

【参考】Tinder FAQ

なりすましでは、個人のSNSアップ写真を収集する業者がいて、同じ写真が繰り返し利用されています。一般的には無名の芸能人・歌手のSNS写真、韓国や中国などの芸能人の写真も使われます。

見分けるポイントは、以下の4点です。

  1. 写真が1枚しかない:拾い画像のために複数の用意ができない
  2. 画質が粗い:データ変換を繰り返している、スキャンされている
  3. 一般人はしないようなポーズをとっている
  4. プロのカメラマンが撮影したかのようにクオリティが高い

少しでも怪しいと感じたら、Google等で画像検索をしてみるとよいでしょう。

自分の条件と相手の条件を比較して冷静に考えて、釣り合わないなら、相手に何らかの目的があると考えたほうが良いでしょう。

ウラノ

レオ

すごい美人とマッチングできたら舞い上がっちゃいそうだけど……。甘い話はないよね。

プロフィール写真の露出度・性的アピール度が高い

Tinderは写真が勝負ですから、ここで大勝負を打っている利用者もいます。胸の谷間を強調したり太ももを見せたりする女性、上半身裸で筋肉をアピールしている男性のすべてが業者とは言いませんが、パパ活・ママ活目的が多いのは確かでしょう。ホストクラブ・キャバクラ・風俗店への誘導も多いと見られます。

  • パートナーとセックスレス
  • Hに自信あり
  • さびしい・癒します
  • 家に来て欲しい
  • セフレが欲しい
  • パパ・ママ募集
  • 大人の関係で会いたい

などと、性的な関係を連想させる様々な誘い文句が書き込まれている場合も多いですが、乗らないようにしましょう。

普通の出会いを求めているなら、こんなプロフィールは掲載しないよね。

マナ

マッチング後にすぐ連絡が来る/連絡先を聞いてくる

Tinderは世界的に人気のマッチングアプリですから、業者の手口も進化しています。Twitterのようなbot(ボット)が開発されているのです。

Tinderのボットは、挨拶程度のやりとりが可能です。大抵、返信が異常に早く、短文なのが特徴です。意味のない会話の後、すぐに外部リンクを送ってきて、クリックを求めます。やりとりが不自然なのが特徴です。

  • 「このリンクからTinderアカウントの本人確認をしてください」
  • 「こちらのSNSサービスに登録してください」

などの理由でURLのクリックを求めたりしますが、これらはワンクリック詐欺、フィッシング詐欺です。

レオ

ボットなんかもいるの!
日本版はまだ人間の操作が多い印象ですが、アメリカではかなり広まっているようです。

ウラノ

同情を引く

最近多いのがこの手の業者です。

  • アルバイトできず学費が払えなくて困っている
  • 収入が減って生活が苦しい
  • 友人がいなくてさびしい
  • 親の愛情を受けて来なかったので、愛情が欲しい

などと、言葉巧みに同情を引き、悪質な行為に誘い込もうとする業者です。

手口が共通しているため、キャラクター設定のテンプレートがあると見られます。

レオ

ええ、こんな業者もいるの? かわいそうと思ったら、話を聞きたくなりそう。

イベントやセミナーに誘ってくる

ビジネス系、経済系、心理学系、スピリチュアル・ヒーリング系などのイベントやセミナーに誘われるケースがあります。Tinderの場合は、メッセージ上よりも会った時に直接誘われる場合が多いです。

これらの多くは、マルチビジネスの勧誘や悪質な自己啓発セミナー、宗教への勧誘、悪徳商法などですから、くれぐれも注意してください。

起業家や投資家、カウンセラーなどを名乗ることも多いです。「確実に儲かる」「人生が変わる」などの甘い言葉に乗らないでください。「悩みを聞く」などと、弱みに付け込むケースも多々あります。

ですよねー。甘い言葉には、要注意!

マナ

相談に乗るふりをして個人情報を聞き出したり、罠にはめようとしたりしますから、この手の人達はたちが悪いです。

ウラノ

Tinderでサクラ・業者に会った時の対処法

Tinderでサクラ・業者に会った時の対処法

ここでは、Tinderでサクラ・業者に会った時の対処法を解説します。

連絡先にアクセスしない

プロフィールに公開されている、あるいはやり取りしてすぐ教えられたLINEやSNSアカウント、Eメールなどの連絡先にアクセスしないようにしましょう。少なくとも一度会うまでは、連絡先の交換は控え、Tinder内でのやり取りに限定しましょう。

会うまではLINEや連絡先を教えない

業者は、LINEなどの連絡先を何とか手に入れようとしますが、応じてはいけません。やりとりしてすぐに連絡先を聞いてくる相手には要注意などと言われますが、最近はもっと巧妙で、数日は普通にやり取りしてくる場合も多いです。

個人情報を教えない

連絡先だけでなく、居住地域、利用駅、学校名、会社名なども重要な個人情報です。少しでも不審に感じる相手なら、教えないようにしましょう。それらが特定できるような写真の掲載にも注意しましょう。個人を特定して悪質な行為を行おうとする業者もいます。ストーカーに遭う危険もあります。

外部リンクを絶対クリックしない

相手から外部リンクを教えられたら、絶対にクリックしてはいけません。巧妙な理由をつけてきますが、いかなる理由だろうとクリックしないで下さい。すぐに通報することをお勧めします。

レオ

Tinder内の治安を確保するためにも、積極的に通報したほうがいいよね!

【まとめ】Tinderにはサクラ・業者はいるの?

【まとめ】Tinderにはサクラ・業者はいるの?

Tinderにはサクラはいません。運営の信頼性も高いです。

しかし、「基本的に誰でも無料で簡単に利用できる」という特徴から、業者は少なからず存在します。

「手軽にすぐ出会える」「純粋な恋活だけでなく様々な目的の人が利用している」というTinderの使われ方や文化を理解して、安全に利用してください。

それ利用さえ気をつければ、Tinderはとても魅力的なアプリです。

実際にTinderを使っている人の口コミ・評判をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tinderは出会えない?悪い評判や2chの口コミ・実際に使った体験談を紹介!

執筆:ウラノけいすけ(経済誌記者・元新聞記者・認定心理士)

ウラノけいすけ

現役雑誌記者。新聞記者、医療系専門出版社の書籍編集を経験。現在は経済誌の雑誌記者として活動。編集・記者歴は20年。社会人大学院で社会心理学を学ぶ。認定心理士の資格を保持。noteでは、自分の婚外恋愛・パパ活・援助交際・マッチングアプリでの活動などの「裏活動」の体験をもとにした小説やエッセイなどを執筆。⇒Lancersアカウント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA