【最新版】マッチングアプリキャンペーン情報!!

【4/1最新情報】マッチングアプリニュース|バチェラー『彼氏できなければ全額返金』の春キャンペーン

バナー

マッチングアプリ関連のニュース

PR TIMES:バチェラーデートが『彼氏できなかったら全額返金』の春キャンペーン

PR TIMES出典:恋活には【強制力】が有効か!?バチェラーデート『彼氏できなかったら全額返金』春の限定オプションのお知らせ

  • バチェラーデートが春のキャンペーンを開催
  • 「彼氏できなかったら全額返金」の春限定オプション
  • 2ヶ月で5回のデートが可能で、期間は6月30日まで

このキャンペーンは、彼氏ができなかった場合だけでなく、できた場合もお得である。彼氏ができた場合には、交際お祝い金として最大5万円がプレゼントされる。

この特典も含め、以下のような「豪華4大特典」が提供されている。

  1. 交際祝い金最大5万円プレゼント
  2. 抽選で5組への豪華旅行のプレゼント
  3. 素敵なマッチングを期待できる特別チケット
  4. パーソナル診断に沿ったピッタリな香水をもらえる

こうした「彼氏ができなければ全額返金保証つき」というキャンペーンは、バチェラーデートが2021年末に業界で初めて実施。好評を博していた。

今回のキャンペーンはその第二弾となる。

マッチングアプリのキャンペーンについては、下の記事で詳しくまとめている。

マッチングアプリのキャンペーン・クーポン・ミッション(無料・割引)

PR TIMES:Photojoyが出張撮影サービスを47都道府県に拡大

PR TIMES出典:【地方こそ写真で始まる恋がある】恋活・婚活に特化した出張撮影サービス「Photojoy」が全国47都道府県でスタート!

  • Photojoyは、恋活・婚活のプロフィール写真に特化したサービスを提供
  • このサービスを、今回47都道府県に拡大した
  • 地方でも撮影指導を受けたカメラマンを派遣できる

2019年2月にスタートしたPhotojoyの撮影エリアは、当初東京のみであった。その後、東京・大阪を中心にエリアを拡大。今回、47都道府県に対応した。

料金は全国一律。地方で利用してもカメラマンの出張旅費はかからない。

Photojoyでは累計の撮影者数が1万3,000人を突破している。

  • ヒアリングシートによるヒアリングの実施
  • カメラマンへのマッチングアプリの講習
  • 適した撮影場所の選定

上記のようなサービス改善の努力により、撮影後のアンケートでの利用満足度は94.3%を超えているという。

WorkMaster:他撮りマッチングアプリ『3rd.shutter』が登場

ワークマスター出典:Be Moved、他撮りマッチングアプリ「3rd.shutter」リリース

  • Be Movedが「他撮りマッチングアプリ」を提供
  • 「他撮りが必要」な場面で、気軽に利用できる
  • 登録しているのは、一眼レフ・未来レースカメラを持っている、趣味カメラマン
  • プロのカメラマン限定でないため、気軽かつ安価に利用できる

3rd.shutterは、すべてのサービスがスマホアプリのみで完了する。最初のオファーから写真データのダウンロードまで、すべてアプリのみでできる。

このため、気軽に依頼や記録ができる。サービス内では、カメラマンのことを「サードグラファー」と呼ぶ、初心者のエントリーカメラマンでも、気軽に登録しフォトグラファーとしてデビューできる。

iPhone Mania:オランダ国内マッチングアプリとAppleの闘争

iPhone出典:Apple、オランダのマッチングアプリによる外部決済の実装要件を緩和

  • オランダのマッチングアプリには、Apple社がいくつかのルールを課してきた
  • その1つは「Apple以外の外部決済の利用を許可しない」というものだった
  • つまり、オランダのマッチングアプリは、App Store内での決済限定となっていた

iPhoneを持っている以上、ユーザーはApp Storeでの決済も問題なくできる(App Storeを経由して、クレジットカードなどで支払う)。

ただ、この手数料が高いと議論になっている。オランダのApp Storeの手数料は30%であり、これが反競争的として集団訴訟にも発展している。

少なくともオランダの規制当局(ACM)は、この批判を支持している。そして、毎週500万ユーロ(約6億8,000万円)の罰金をAppleに課している状況だ。

しかし、当局はまだAppleの対応が不十分だと考えている。そのため、追加の改善を要求した。

追加の改善とは

Appleは当局の指示により、外部決済をすでに認めている。

つまり、オランダのマッチングアプリでも、オランダのApp Storeでなく、その他の国のApp Store(イギリスなど)を経由すれば、外部決済を認める、という形である。

そして、外部決済を利用して手数料を減らしたいオランダ国内のマッチングアプリは、外国のApp Storeを経由するケースが増えている。

ただ、ここで問題視されたのは外国のApp Storeを利用する場合も、オランダ国内用と2種類のアプリデータを、Appleに提出しなければいけないということである。

当然ながら、外国のApp Storeのみを利用するなら、オランダ国内用のApp Store向けデータは必要ない。「それを要求するAppleの姿勢は強引である」という批判が高まった。

当局もこの批判を指示し、Appleに「海外のApp Store向けのデータ、1種類のみの提出で良い」というルールに切り替えることを要求。Appleも受け入れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA