【最新版】マッチングアプリキャンペーン情報!!

【3/22最新情報】マッチングアプリニュース|アプリで男性から遊ばれやすい女性の特徴

バナー

マッチングアプリ関連のニュース

BIGLOBEニュース:マッチングアプリで男性から遊ばれやすい女性の特徴

BIGLOBE出典:要注意!マッチングアプリで「遊ばれてしまう女性」のプロフィールとは?

マッチングアプリで男性から「遊ばれやすい」女性のプロフィールの特徴を、以下のようにまとめている。

  • 「男性慣れしていない」感じがする
  • 「セクシーアピール」が強い
  • 「すぐ会える感」がある
  • 軽く「友達」を探している

gooニュース:アプリでシングルマザー女性を狙う卑劣男性に注意

GOO出典:衝撃事件の核心 シングルマザーに600回売春 洗脳で操った夫婦の所業

  • 子供がいるシングルマザーの女性を自宅に住まわせ、600回の売春を強要していた夫婦の所業を報道
  • この事件自体にマッチングアプリは関係ない
  • 夫婦と女性はインターネットの動画投稿サイトで知り合った

事件自体はマッチングアプリと無関係であるものの、アプリ経由で起きた過去の事件に触れられている。

  • 娘2人をもつシングルマザーの女性が、マッチングアプリで男性と知り合った
  • その男性が、娘2名にわいせつな行為を働いていた
  • 男性は、女性が働いている間に子供の世話を任されていた
  • わいせつ行為はその隙に行っていた

ということである。

この男性による女性の娘へのわいせつ事件も含め、マッチングアプリで起きた事件は下の記事で紹介している。
マッチングアプリ事件381例-出会系サイト殺人等犯罪被害ニュース一覧

東洋経済:マッチングアプリで出会った「自由すぎる」男性

東洋経済出典:「人気キャラクター名に改名した男」の自由な人生

  • ライターの大宮冬洋氏による記事
  • 大宮氏『30代未婚男』(NHK出版)などの著書をもつ
  • ある女性がマッチングアプリで出会った「自由すぎる男性」との結婚のエピソードを紹介している

男性がどのように「自由すぎる」のかというと、本名を「ピーター・ラビット」のような人気キャラクターの名前に改名していたのだという。

ピーター・ラビットは仮のものだが、この名前でいうと「苗字がラビット、下の名前がピーター」である。

以前の本名は俊明(仮名)で、外見は完全な日本人である。

女性は敬虔なクリスチャンで、結婚相手にもクリスチャンがいいと考えていた。

以前はクリスチャン専用の結婚相談所も利用していたが、信仰が共通しても気が合う相手とは出会えなかったという。

そのため膨大な人数が登録している大手のマッチングアプリを利用し始めた。

そして「クリスチャン」「海外生活経験者」などのコミュニティでお相手を探すことにした。

そこで俊明さんと知り合い、旧約聖書に関するディーブなやり取りを10日間ほどして、彼も経験なクリスチャンであることがわかり、会うことにしたという。

彼の本名がわかったのは、直接会う約束をする前である。

あまりにもピーター・ラビットが好きすぎて、本名にしてしまったのだという。

本人は至って真面目なのだが、この名前のせいで結婚相談所にも登録できなかったとのこと。

女性は男性の名前だけが気になっていたが、結婚の条件として「名前を元に戻す」ことをあげると、男性はすんなり承諾。

それまで昼夜逆転で続けていた自営業の生活も結婚のために見切りをつけ、IT関連会社で契約社員として働き始めたという。

この男性の自由すぎる人生や、女性が47歳でも問題なく子供が産めると考える部分などは、特に参考になる。

マッチングアプリには下の記事で紹介するように「変な人」が多いが、男性のようなユニークな人の存在は面白い。

【専門家監修】マッチングアプリは変な人ばかり多い&変な男女しかいない?見分け方やエピソードも紹介!【JLC協会認定恋愛アドバイザー・NARA氏】

ローリエプレス:【漫画】マッチングアプリ沼にハマった話

マッチングアプリ沼にハマった話出典:「写真よりかわいいね」優しい男性だと思っていたら…

  • Tinder(ティンダー)で初対面の年上男子と居酒屋デート
  • さやこちゃんは男性から「写真で見るよりだいぶ可愛い」と褒められる
  • お世辞と知りつつまんざらでもない
  • 出会い慣れしているがガツガツした感じのない男性で、最高の相手だと思ったが…

ITmediaビジネス:「現在の恋人と出会った場所」の1位がマッチングアプリ

ITmedia出典:現在の恋人と出会った場所 3位「知人友人の紹介」、2位「職場」、1位は?

  • ナイル株式会社による調査結果を紹介しえいる
  • 同社はマッチングアプリ紹介サービスの『Appliv 出会い』を運営している
  • 社会人の男女500名を対象に調査を行った
結果、現在の恋人と出会った場所の順位は、コロナ禍以後では1位がマッチングアプリ、2位が職場、3位が知人友人の紹介であった。

KAI-YOU:ヒカキンが「斎藤さん」で自身の認知度検証

KAIYOU出典:HIKAKINを知らない人はいる? 登録者1000万超えYouTuberの知名度検証

  • ヒカキンがトーク系マッチングアプリ『斎藤さん』を利用した動画を公開
  • 「登録者1000万人超えてたらヒカキン知らない人ゼロ人説」として、自身の認知度を検証した
  • 最初の20分は通話相手が見つからず苦戦
  • しかし、つながったら数年来のファンから始まり、認知度100%が続いた
  • 最後は「おじいちゃん、おばあちゃんからの認知度が課題」と、今後の課題を語った

ビヨンド:ビジネスマッチングサービス『ビズリーチ』を紹介

ビヨンド出典:ビズリーチの評判と特徴を解説。損をしない使い方も紹介します

  • ビジネスマッチングサービス『ビズリーチ』の特徴や評判を紹介している
  • ビズリーチは求職者と企業が出会えるマッチングサービスである
  • 同サービスについて「マッチングアプリのような役割」と表現している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA