【最新版】マッチングアプリキャンペーン情報!!

【3/13最新情報】マッチングアプリニュース|佐賀県の50代女性が320万円投資詐欺被害

バナー

【要約】マッチングアプリ・恋愛・結婚関連のニュース&コラム

佐賀テレビ:佐賀県の50代女性が320万円投資詐欺被害

キャプチャ出典:50代女性が詐欺被害 外国籍名乗る男の投資話に320万円振り込む【佐賀県】

  • 佐賀市の50代女性が、マッチングアプリで知り合った男性から詐欺被害を受ける
  • 男性は外国籍を名乗り、女性に投資話を持ちかけた
  • 女性は100万円・220万円の2回に分けて現金を振り込んだ
  • 最初の100万円の振り込みでは、30万円の利益が出たとし、28万円が上乗せされて戻ってきた
  • これで男性を信用した女性が220万円を追加で振り込んだが、これらが戻ってこなかった
  • 男性からのメッセージには結婚を約束する内容もあり、結婚詐欺・ロマンス詐欺でもある
  • 被害は、女性が「100万円を貸してほしい」と女性が家族に相談したことで発覚した

telling:41歳女性ライターがアプリでモヤモヤした理由

キャプチャ出典:41歳で始めたマッチングアプリにモヤモヤした話

  • 株式会社ライフメディア代表でライターの、尾越まり恵氏が、アプリを始められた体験談
  • 「日本で最も登録者数が多い」マッチングアプリに登録したという(おそらくペアーズ
  • 30代の友人と宅飲みをしている際に勧められて、取材も兼ねて始めた
  • 始めた直後は「あわよくばいい人と出会えるかも」と気分が上がった
  • しかし、男性のプロフィールを見るほど「モヤモヤ」を感じた
尾越氏がモヤモヤを感じられた理由は、男性が好みの女性のタイプとして「穏やかな女性」と書いていることが多いこと。

「穏やかなとはどんな性格か」「喜怒哀楽がハッキリしている女性は歓迎されないのか」という点が引っかかったという。

特に尾越氏の周辺で、東京で自力で強く生きている女性に「穏やか」な人は皆無だという(その通りであろう)。

全体的に女性に対してピュアな理想を投影している男性が多いようだ。

  • 「すっぴんの女性が好き」という男性がしばしばいる
  • しかし、その男性がすっぴんと思っている顔は、巧妙なナチュラルメイクである
  • 「パン屋でアルバイトしているような子がいい」という40代男性もいた
  • しかし、そんな女性は大学生しかいない(編集部注:女子大生と付き合いたいのかもしれない)

中間部分の要約は割愛させていただくが、女性はもちろん、男性にとってもためになる内容である。

特に重要なのは、男性は40代でも子供をもてるが女性は産みにくいことに対して無自覚な男性が多いということ。

男性は40代~60代でも「子供が欲しい」を遠慮なく選ぶが、同年代の女性が「子供が欲しい」とはいいにくい。

この年代の男性が「子供を欲しい」を選ぶこと自体が「女性は若くなければならない」という無言のメッセージになる。

同年代の女性に配慮するなら「相手と相談して決める」を選ぶのが思いやりである。

この点は男性もリアルの女性との会話であれば自然に配慮するが、アプリのプロフ設定では無自覚に悪気なく行ってしまうことが多いので、意識したい。

(「女性は若い方がいい」というのも一つの価値観であるため、必ずしも意識しなければいけない、ということではないが)

Yahoo! JAPANニュース:LINEの誤送信で発覚した理想の男性の既婚

キャプチャ出典:恋愛不得意なアラサー女性が、マッチングアプリで傷つく前にすべきだったこと【前編】

  • キャリアコンサルタントの小川健次氏によるアドバイス
  • 「働く女性のマッチングアプリ活用法」を解説している
  • 今回小川氏が回答した相談は、大手メーカーで働く34歳女性によるもの
  • 女性は10年交際した男性に「退屈だ」とフラれてしまった
  • 女性は保守的なタイプでSNSも使ったことがない
  • しかし、元カレへの執着を断ち切るために思い切ってアプリを使った
  • 大量のアプローチをもらい、その中から1人とデートを重ねるようになった
  • 理想通りの男性だったが、ある日妻に送るようなLINEの誤送信が届く
  • 誤送信はすぐに削除されたが、女性は「いい男は大抵人のもの=既婚者である」ことを実感する
上記はまだ前編で、次回後編で小川氏によるアドバイスなどの内容が見られる(と考えられる)。

dmenuニュース:Hey!Say!高木雄也氏の舞台(マッチングアプリが関わるストーリー)

キャプチャ出典:Hey!Say!JUMP高木雄也“丸裸”の不倫劇挑戦「僕が脱いでも…」

  • Hey!Say!JUMP高木雄也の単独初主演舞台『裏切りの街』
  • 同舞台のストーリーはマッチングアプリによる出会いが背景である
  • 無気力なフリーターと平凡な専業主婦がアプリで出会い、デートを繰り返す
  • 舞台では「一糸まとわぬ」姿を披露する
  • 同作はコロナ禍の影響で2年延期されたが、2年分の思いを込めた開幕を迎える

【参考】Yahoo! JAPANニュースの同一記事(上記がリンク切れの場合に参照)

Grapps:「出会いがない」は自分への呪い

Grapps出典:待っていてもダメ!出会いのチャンスをつかむ方法

  • 大人女子のためのWebメディア・Grapps編集部が「女性が自ら出会いをつかむ方法」を説いている
  • その代表的な方法として、SNSやマッチングアプリの活用をあげている
  • 「出会いがない」「モテない」という言葉は「自分に向けた呪い」と指摘している

exciteニュース:マッチングアプリを活用した不倫ドラマを紹介

exciteニュース出典:最終回まで観たい冬ドラマ3選。“変化球モラハラ”も“親ガチャ”も目が離せない

  • もうすぐ最終回を迎える冬ドラマで、おすすめの3選を紹介している
  • その中に、マッチングアプリによる不倫をテーマとしたドラマがある
  • 『シジュウカラ』がそれで、40才の女性漫画家(山口紗弥加・主演)が不倫をする
  • アシスタント男性や編集者男性が不倫の相手である
  • 「変化球モラハラ」な発言も多く、モラハラ事例の参考にもなる
  • 執筆された恋愛ライター・高萩陽平氏は、数年まえかrあマッチングアプリに参戦し結果を出し続けている

【第26回】国際離婚:「配偶者扶養」と「婚姻費用」!?|カナダの国際結婚・エキスパート弁護士に聞く弁護士の選び方

出典:【第26回】国際離婚:「配偶者扶養」と「婚姻費用」!?|カナダの国際結婚・エキスパート弁護士に聞く弁護士の選び方

  • カナダの「配偶者扶養」も日本の「婚姻費用」も収入の高い配偶者がもう一方に対して、金銭的支援をことなうことで、離婚後に生活レベルが極端に下がらないようにする制度です。
  • 日本の婚姻費用は、離婚が成立した後は消滅し、子どもへの扶養義務のみが残るものです。
  • 一方で、カナダの配偶者扶養は、離婚が整理した後であっても配偶者への支援は継続されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA