【最新版】マッチングアプリキャンペーン情報!!

【3/8最新情報】マッチングアプリニュース|Dine、国際女性デーに合わせて「男女平等の、マッチングアプリ。」意見広告を制作

マッチングアプリニュース

【要約】マッチングアプリ・恋愛・結婚関連のニュース&コラム

PR TIMES:Dine「男女平等の、マッチングアプリ。」の意見広告を制作

Dine出典:3月8日の国際女性デーに合わせて、Dineが「男女平等の、マッチングアプリ。」と題した意見広告を制作。

  • 3月8日は「国際女性デー」である
  • これに合わせて、Dineが意見広告を作成した
  • Dineが「男女平等」である部分はまず「料金」で、男性だけでなく女性も同額で有料である
  • また「告白やプロポーズ、エスコートは男性がするもの」という考えは「女性は受け身であるべき」という価値観の押し付けでもある
  • Dine(他のマッチングアプリも)は女性からも自由にアプローチでき、この点でも男女平等である

PR TIMES:(一社)MSPJが安心・安全な利用環境の整備強化へ

MSPJ出典:婚活マッチングアプリ事業者 個人情報保護やロマンス投資詐欺対策強化など安心・安全な利用環境の整備強化へ

  • 一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェクト(MSPJ)がさらなる利用環境整備を進めている
  • 同団体は、主要な主要婚活マッチングアプリ事業者が加盟する団体である
  • 整備は4つの柱から成り立つ
  • ①ワーキンググループの立ち上げ、②自主基準ガイドライン『MSPJ7つの約束』作成、③第三者認証の活用、④行政機関との活発な意見交換
  • ナレッジワーキンググループは、22年3月に第1回会合を予定
  • 第三者認証では、NPO・結婚相手紹介サービス業認証機構による認証取得支援などがある
  • MSPJの主な実績として「インターネット消費者取引連絡会への出席」、自民党「マッチングアプリに関する国会議員勉強会」への出席などがある

プレジデント:アプリで出会った男女が長続きしない原因を解説

プレジデント・オンライン出典:「恋愛のつまみ食いで終わりがち」マッチングアプリで出会った男女が長く続かない根本原因|プレジデント・オンライン

  • 社会学者の宮台真司氏と、大学院大学至善館理事長の野田智義氏による対談
  • 「マッチングアプリで出会った男女の関係が長く続かない原因」を解説
  • アプリを含むネットのサービスは人間関係の「いいとこ取り」ができる
  • 逆にいうと「いいとこ」が減り、デメリットが多くなった人間関係をすぐに断ち切りやすい
  • そのような場面で耐えて、時間をかけて絆を生み出すのが、リアルの人間関係や昔のお見合い
  • マッチングアプリはそれを「しなくていい」が、逆に「したくてもできない」ため、人間関係が希薄になりやすい
  • 手軽に出会いやすいが「本物の絆」は生み出しにくい
  • マッチングアプリだけでなくSNSなども全て同じである

PR TIMES:ダブル婚活中の62.5%が親子一緒に婚活

ダブル婚活出典:ドラマだけの世界?ダブル婚活中の62.5%が親子一緒に婚活

  • アプリ完結型結婚相談所『パートナーエージェントApp』を提供するタメニーによる調査
  • 同社は東証マザーズ上場企業で、婚活サービスの『OTOCON』や『スマ婚』なども提供している
  • 調査によれば親子とも婚活をしている「ダブル婚活」は、約3%いる
  • そして、そのうちの62.5%が「親子で一緒に婚活」をしている(同じ相談所を利用するなど)
  • 上野樹里氏出演のドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』の設定と同じである
  • ダブル婚活は「親子で情報共有や意見交換ができてよい」と、体験者からはメリットが多く指摘されている

東京カレンダー:アプリにハマり整形などで1000万を費やした女性のストーリー

東カレ出典:マッチングアプリにハマり、1,000万を費やして…。女が取った危険すぎる行動とは

  • 東カレデートを提供する東京カレンダーによる小説(もしくは実話)
  • マッチングアプリの美形男性にハマり、1,000万を費やした女性の物語
  • とあるアプリで「Sランク」になると、同じSランクの男性とマッチングできる
  • 主人公の女性はBランクだったことにショックを受け、Sランクを目指す
  • 「Sランクになる方法」をサイトで発見し、それを実践する
  • 究極の方法である「全身整形」などの指示もこなし、見事Sランクになる
  • そして、理想どおりのSランクの男性と結ばれる
  • しかし、その男性が「Sランクになる方法」の管理人であり、彼も全身整形をしていたことがわかる
※これだけ読むと「整形は悪なのか」という点が引っかかる方も多いでしょう。ただ「お相手に対して言わなかった」ということは、やはり本人にとって「言いたくないことだった」といえます。逆に堂々と言っていればよかったでしょう。

【第21回】国際離婚:養育費や配偶者サポートの基本と所得査定|カナダの国際結婚・エキスパート弁護士に聞く弁護士の選び方

出典:【第21回】国際離婚:養育費や配偶者サポートの基本と所得査定|カナダの国際結婚・エキスパート弁護士に聞く弁護士の選び方

  • カナダにおいて、養育費ガイドラインは、支払側の年収と子供の数を基に定められています。
  • 配偶者サポートについても、年収と婚姻(同居)年数、養育すべき子供の有無などを考慮して決定します。
  • いずれもお互いの年収の把握が必要ですが、専門家によって正確に算定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA