【最新版】マッチングアプリキャンペーン情報!!

【2/24最新情報】マッチングアプリニュース|浮気を誤解されやすい女性の特徴

マッチングアプリニュース

【要約】恋愛・結婚関連のニュース&コラム

「彼女のこと信じられん…」浮気を誤解されやすい女性の特徴

ニュース記事のキャプチャ出典:「彼女のこと信じられん…」浮気を誤解されやすい女性の特徴

  • 彼氏にいつも浮気を疑われてしまう女性にはある共通点があった。その共通する特徴を紹介します。
  • 男友達が多い、愛想がいい、露出が多い。こういう女性は彼彼に浮気しているのでは?と誤解されやすくなります。
  • 自分の中で服装などどうしても変えられない部分もあるので、彼との話し合いもし誤解を解いておきましょう。

些細なことでもいいんです!夫にされてうれしかった3つのこと

ニュース記事のキャプチャ出典:些細なことでもいいんです!夫にされてうれしかった3つのこと

  • 仕事で疲れて帰ってきた時に大好物の料理を作ってくれたという事例。
  • 何か壁にぶつかったときに私のことを肯定して味方になってくれたこと。
  • 仕事と家事、育児に奮闘している妻たちは、癒しやサプライズの料理、1人の時間など些細なことでも嬉しくなるという結果となりました。

【要約】国際結婚関連のニュース&コラム

国際結婚の子供なら当然…じゃない

出典:国際結婚の子供なら当然…じゃない

  • 両親が国際結婚したからといって、必ずしも子どもがバイリンガルになるとは限りません。
  • 筆者の子どもも、小さい頃は完ぺきなバイリンガルでしたが、次第にオランダ語しか話さなくなりました。
  • オランダでは、「語彙力の向上」という点では、バイリンガルよりも一つの言語のみのほうが優れているという意見もあります。

【第9回】ハーグ条約を知ろう 1 トラベルコンセントと公正証書|カナダの国際結婚・エキスパート弁護士に聞く弁護士の選び方

出典:【第9回】ハーグ条約を知ろう 1 トラベルコンセントと公正証書|カナダの国際結婚・エキスパート弁護士に聞く弁護士の選び方
[

  • 今回取り上げるトラベルコンセントとは、別居家庭での親子旅行に対する他方の親からの渡航許可のことを指します。
  • トラベルコンセントを締結するうえで大切なことは、より具体的な内容で許可を得ることです。
  • トラブルを避けるために、トラベルコンセントは公正証書にしましょう。

みんなの恋愛体験談『幸せな思い出』

恋愛体験談

幸せな恋愛の思い出は、何歳になっても人生のあらゆる場面で、人の心を支えてくれるもの。

ここでは、そんな幸せな恋愛の体験談で、5名の方の思い出を紹介させていただきます。

(体験談は、日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」で、2022年1月25日に募集したものです。

(掲載はご応募いただいた順番です)

アウトドア趣味で意気投合し付き合っていた思い出(47歳 / 男性 / 神奈川県)

恋愛体験談イメージ写真

ちょっとしたすれ違いもあって15年以上前に別れてしまった彼女でしたが、付き合っていた当時は好奇心や屈託ない笑顔に溢れ、どんなに長く一緒に過ごしても決して飽きる事はありませんでした。

出会いは大学の生物系サークルで、お互いバードウォッチングが好きだった事で意気投合し、プライベートで次第に交友を深め付き合うに至りました。

大学卒業後は仕事先や自宅が若干離れ、遠距離気味の恋愛となってしまいましたが、それでも休日になればお互い定期的に時間を作り、ドライブデートを頻繁に楽しんでいました。

もちろん目的地は山間リゾートや湖沼等の自然豊かなフィールド。

好きなバードウォッチングやキャンプ、温泉等を一緒に満喫したのが良い思い出です。

苦手なゲストハウスで彼女と出会えた話(25歳 / 男性 / 三重県)

恋愛体験談イメージ写真

バイクで旅に出るのが好きな私は、ツーリング先の北海道で運命の出会いを果たしました。

出会った場所は、宿先のゲストハウスでした。

そこは少し変わっていて宿泊客全員で集会を開き交流するような催しがある宿でした。

私は、この情報を知らずに予約し現地で少し後悔しました。

というのも、あまり集団行動は得意ではありません。

それでもその宿の決まりなので、その集会に参加し夜通し皆で歌ったり語ったりしました。

最初こそ、慣れるまではきつかった集会でしたがここで救世主が現れました。

それが、現在付き合っている彼女でした。

雰囲気に馴染めていない私に、気さくに話しかけてくれました。

彼女の優しさと可愛らしさにすっかり惚れた私は、勇気を出して彼女に連絡先を聞きました。

その後、連絡を取り合い何回か会ってアプローチした結果、付き合うことができました。

苦手なタイプのゲストハウスが、私と彼女の出会いの場となりました。

はじめて行ったデートで浜焼き(28歳 / 女性 / 東京都)

恋愛体験談イメージ写真

友人に合コンに誘われて参加した私。

向かいに座っていた男性(後に結婚することになる夫)が声をかけてきました。

話をしているうちに盛り上がり、次は2人で食事に行くことになりました。

どこかのイタリアンにでも連れて行ってくれるのかななんて考えていました。

私はそれまでも何人かの男性と食事に行ったことはありましたが、イタリアンに連れて行く男性が大半でした。

東京駅に現れた彼はなんと車。

「今から千葉に行こう」。

拒否する隙もなく車に乗せられ、気づいたら浜焼きのお店にいました。

「この間『浜焼き食べたことない』って言ってたから美味しいところに連れて行ってあげようと思って」と言われ、浜焼きを振舞われました。

とても美味しかったし、ちゃんと私の会話を聞いてくれているんだなと感動したことを覚えています。

出会いから数年後に悪化した病気を気遣ってくれた大切な人(51歳 / 男性 / 北海道)

恋愛体験談イメージ写真

30代後半に過重労働によってうつ病を発症させてしまい、それ以降は恋愛をすることなく何とか生きてきました。

40代の前半に少し驚いたことがあり、高校時代のクラスメイトの女性に偶然会うことができ、その後は3名の女性のクラスメイトと私の4人で飲み会を行ったことがあります。

この出来事をきっかけに、その中の1人と恋愛に発展し若かりし日のように旅行に出掛けたり観光地を巡るドライブなどを楽しんできました。

最初の2年間程度は何ら問題はなく楽しい毎日を送っていましたが、その後に持病のうつ病の症状が悪化してしまい、一時期は命の危険性も感じることがありました。

彼女は現役の看護師として仕事をしていたこともあり、その後は私の家とは約20キロ程度離れた場所にあるにも関わらず、毎週末には車で私の家に来てくれることが3年間続き、冬期間は極寒で道路も雪道という悪条件でも通ってくれたことは愛を感じた貴重な思い出です。

お泊まりデートは友達との連携プレイ(53歳 / 女性 / 山梨県)

恋愛体験談イメージ写真

学生時代の恋愛は、友達との連携プレイが必須でした。

例えば彼のうちにお泊まり、というような時に互いにアリバイが作れるように、一人暮らしの友達何人かと、常に持ちつ持たれつで助け合うような関係を築いていました。

TDLにお泊まりデートに出かけた時も、もちろん地元の友達と連携を取りました。

地元は台風が来て荒れていたのですが、舞浜はそれほどひどい雨でもなくまぁまぁ遊ぶには困らないくらいでした。

ヒルトンから友達に電話して天気の確認と、アリバイの口裏合わせのお願いをすると、実家に電話しました。

「今、台風がひどくてちょっとバイクで帰るの怖いから、◯◯ちゃんの家に泊めてもらうよ」
これでなんの疑いをかけられる事もなく、のびのびと彼と楽しむことが出来ました。

みんなの結婚体験談『忘れられない思い出』

結婚体験談のイメージ写真

プロポーズ・結婚式・新婚旅行など、結婚に関するできごとは、人生のなかでも特に大きなイベントといえるもの。

今回はそんな結婚に関する思い出や体験談を、5名の方々に寄せていただきました。

(体験談は、恋愛のものと同じくランサーズで2022年1月25日に募集したものです。掲載はご応募順です)

※写真はすべてイメージです。

新婚旅行先でのハプニング(56歳 / 女性 / 愛知県)

結婚体験談のイメージ写真もう何十年か前の出来事です。

自分が会社勤めしていた頃、転職してきた少し年配の同僚男性と同時期にそれぞれ違う相手と挙式する事になりました。

結婚式の日取りなんてお互い知らせていなかったので「ほぼ一緒になるなんて珍しいねー」なんて言って笑っていました。

そしてその後、私たちは海外に新婚旅行に行きました。

海外は初めてですしお相手がいましたのでずっと緊張していました。

そして時差ボケの関係もあり道中よく眠たくなりました。

なだかんだで目的地のホテルに辿り着けたのですが、そこになんと、同僚男性のカップルがいるではありませんか!えっ?一瞬目を疑いました。

私寝ぼけているのかな?向こうは笑ってこちらに近づいてきます。

「部屋どこ?後で遊びに行っていい?」と。

「えーっ!ちょっと待ってください!」と。

こんな日常から離れた遠い所にまで来て、いつも会っている人と出会うなんて凄い確率だねと、お互い感動の嵐でした。

ハワイへの新婚旅行は最高でした。

(28歳 / 女性 / 埼玉県)

結婚体験談のイメージ写真結婚してはじめてハワイに行ったのですがとても素敵で感動しました。

まず、ハワイは海が綺麗。

そして太陽の角度が日本と違うらしいので、いろんなものが鮮やかに見えます。

ワイキキビーチも素敵なのですが、車で少し行った白い砂浜のカイルアビーチが本当に最高でした。

一面真っ白な砂浜で海が光り輝いていて、とても素敵でした。

彼とゆったりとした幸せな時間を過ごすことができました。

夜にはホテル専用のビーチでファイヤーショーやハワイの民族音楽などを生演奏してくれて夢のようでしたね。

レストランも洋食からタイ料理、日本料理までありますし、スーパーも近くにあったので食に困ることもなく最高でした。

コロナ禍のプロポーズ大作戦(29歳 / 男性 / 鹿児島県)

結婚体験談のイメージ写真彼女への理想のプロポースは、普段行かない他府県で盛大に華やかにしたいと思っていました。

しかし、現実はコロナ禍ということで、感染防止のことを考えるとどこにも行くことができず、思い通りにいかない理想とはかけ離れた考えしかできませんでした。

しかし、人生で大一番となるこの出来事を、コロナに負けない思い出にしたいという思いは強くありました。

頭をフルに使い、彼女のことを一番に考えた結果、地元の隠れ家的な宿で告白し、了承を得ることができました。

二人にとって大切な日にしたい。

彼女に喜んでもらいたいという思い一心で、成功した出来事でした。

こんな状況だからこそ、やればできることもあるんだなと思うと、今後の二人での生活にこの考えを役立てることの出来事となりました。

再婚へ向けて元旦那と相談中(43歳 / 女性 / 静岡県)

結婚体験談のイメージ写真これからお話することは、私の今現在の実体験です。

私は20代前半で一度結婚しました。

しかし、2人とも子供を望んでいたのになかなか授かれず、結婚して5年が経過しても子供に恵まれないままでした。

そのうち生活のストレスなども重なり、とりあえず別居する自体になりました。

子供ができていなかったので、別居の話はとてもスムーズでした。

その時私は30歳、相手は38歳でした。

別居を始めてからはお互いにあまり連絡を取り合わず、それぞれ恋愛もしていました。

それでも私の中ではなぜか元旦那の存在が消えず‥‥
これは自分だけだと思っていたのですが、たまたま旦那と共通の友人と飲食店で会い旦那の近況を知ることができたのです。

知人が言うには、「〇〇(元旦那)は今でも〇〇ちゃん(私)のこと忘れてなくて、よく話題に出てくる」とのこと。

この事を聞いて私も元旦那に未練があったこともあり、私から連絡して今はまた夫婦に戻りつつあります。

大学受験中に告白されて(40歳 / 選ばない / 大阪府)

結婚体験談のイメージ写真大学受験を間近に控えていた私はその時絶対に合格できるという自信が持てていなかったこともあり、勉強の事しか考えることが出来ないでいました。

しかしそんな時一人の女の子が目の前に現れ、自分の事を好きだったと告白してきたのです。

それまでまともに人からそのような告白を受けたことの無かった私にとっては青天の霹靂といってもよい事件でしたが、正直な所今は恋愛よりも勉強に集中すべきだという思いも私の中にはありました。

とはいえ彼女自身も大学受験に向けて頑張っている最中だという事で、二人で一緒に大学合格に向けて頑張っていこうという事で付き合う事にしたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA