【1/28最新】マッチングアプリキャンペーン情報!!

【1/11】マッチングアプリニュース|アプリ開発・運用が初期費用0円・月額15万から可能に

日刊マッチングアプリ

マッチングアプリ開発が初期費用0円、月額15万円~

時事通信出典:マッチングアプリを初期開発費用0円でスピード導入出来る『MatchPro』1月15日よりサービス開始

マッチングアプリを初期費用0円で開発できる時代になった。

運用は月額15万円からである。

「自社のマッチングアプリを開発する」ことのハードルが、多くの企業にとって急激に低くなったといえる。

サービス名はMatchPro(マッチプロ)という。

どこがやっているのか

サービスを提供しているのは『AgeCode Co., Ltd』である。

同社は、2016年からマッチングアプリ開発に特化した受託開発事業を運営している。

どんなサービスなのか

要点を箇条書きすると、下のとおりである。

  • 初期費用はかからない
  • 月額はかかる
  • 月額プランは2通りある
  • ライトプランは月15万
  • スタンダードプランは、月28万
  • 納品は最短1ヶ月

最短1ヶ月というのは、こちらが「どんなアプリにしたいか」のイメージを細部まで詰めているかで変わるだろう。

マッチングアプリに必要な機能自体は完全に搭載されているとのこと。

その機能を使って「こんな演出をしたい」「こんな色合いの画面にしたい」などの要望が具体的になっているかで、開発スピードが変わるはずである。

サービスの特徴

以下の4点が挙げられている。

  1. 初期開発費用0円
  2. 最短1ヶ月のスピード導入
  3. マッチングアプリ運用に必要な基本機能全て実装済み
  4. ロイヤリティ一切なし
①~③は、ここまで説明してきたとおりだ。

④のようにロイヤリティがないため、ユーザーがどれだけ増えても追加費用を払う必要はない

  • 月額は固定
  • 後は自社側の人件費などのコストのみ
  • 15万(28万)+それらのコストが経費の総額
  • それ以上の売上は、すべて利益になる
ということだ。アプリ事業の収支の計算もしやすくなる。

これまでの開発の問題点

従来のマッチングアプリの開発では、

  • 何百万~何千万の開発費用がかかる
  • 受託会社によって見積もりに大きな差がある(適正価格がわからない)
  • 納品まで早くて3ヶ月、長ければ1年以上
  • これにより、アイディアが古くなってしまう
最後の点が致命的で、思いついた時点では斬新だったアイディアでも、開発に時間がかかると競合に先を越されてしまうことがしばしばある。

『MatchPro』を使えば、そのような問題を解決できるということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA